行く春を 見上げ見下ろし 建設の エレベーターの 夜も更けて

マンションの建設現場に建設資材を上げるための、エレベーターが上がったり下りたりします。
そのたびに決まった音楽が流れます。たぶん事故のないよう、動いているよのサインなのでしょう。
まだ桜が蕾もつけないうちから、いまでは散ってしまって、葉桜になって、それでも音楽は止みません。
朝は七時前から、夜は九時近くまで、春の薄ら闇のなか、上がったり下がったり。
蔦は枯れ枝から、赤い芽を出し、そろそろ開いて、緑色の葉になって、それでもエレベーターは唄います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください