蠟 梅 や 湯 殿 こ ち ら の 矢 印 と

ろうばいや ゆどのことらの やじるしと

温泉旅館は、何しろ大きいところが多いです。
というのは、個人的感想です。
「隠れ宿」なんて洒落たところ知らなくて、安いとこばっかり行くからかもしれません。
お湯の帰りに、部屋が何処だったか迷うことしきり。
「湯」と、大きく描かれたところを曲がればよい。
目印に、2、3才児ならすっぽり入りそうなくらい大きな壺に活けられた蠟梅があります。
みごとです。
血圧高いくせに、露天好き。
でも風呂で死にたくはない。

この句も読まれています。

ただ孤独 冬の空あり 波の立つ 冬の空、暗く低く,ときには冷たい風が吹きすさぶ。灰色の海には波がたつ。荒い波が繰り返し繰り返し押し寄せる。 ひとりだなあと思う。こんなところ来るんじゃなかったと思う。...
夕 立 ち の 男 に 呑 み 屋 傘 を 貸 し... ゆうだちの をとこにのみや かさをかし 突然の雨。 駅から飛び出し、黒いカバンを傘がわりにアタマに乗せて、家路へ急ぐサラリーマン。 ママはさすが。 「この傘どうぞ。お使いになって!」 借りた傘は返さないといけない。 いつもの通勤の道すがらに店はあるのです。 ただ返すというわけにはいきま...
桜散る ようやく深く 息をする 二分咲き、三分咲き、満開と、そして春の嵐が吹きあれて、桜が散った。まるで長い祭りが終わったよう。桜もお疲れさま。みんなもお疲れさま。...
凍てついて(いてついて) 終了しました 人格が ... 底抜けに明るいと言われる。だから何でも言われる。あたしには何を逝ってもいいらしい。慣れてきたからって、口のき きかた考えろだって。明るいわけじゃない。おしゃべりが 好きでしゃべっているんじゃない。沈黙が怖いから。人の中にたって、オロオロと心を砕くから、饒舌になるだけ。ばかばかしい。必要なこと以外しゃ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください