蠟 梅 や 湯 殿 こ ち ら の 矢 印 と

ろうばいや ゆどのことらの やじるしと

温泉旅館は、何しろ大きいところが多いです。
というのは、個人的感想です。
「隠れ宿」なんて洒落たところ知らなくて、安いとこばっかり行くからかもしれません。
お湯の帰りに、部屋が何処だったか迷うことしきり。
「湯」と、大きく描かれたところを曲がればよい。
目印に、2、3才児ならすっぽり入りそうなくらい大きな壺に活けられた蠟梅があります。
みごとです。
血圧高いくせに、露天好き。
でも風呂で死にたくはない。

この句も読まれています。

見 覚 え の 人 木 枯 ら し の 向 か い ホ ー ム... みおぼえの ひとこがらしの むかいほーむ 駅のホームは寒い。電車が走る方向に木枯らしも走る気がします。 向かいの下りホームにいるひと、声をかけるには時間が経ち過ぎて。 元気ならそれでいい。...
去 年 今 年 た ら い を 舟 に 漕 ぎ 出 で る... 理不尽なこと、腹のたつこと、さまざまな納得のいかないことを抱えてというか、抱えたまま今年がスタートした。 たらいは、今にもひっくり返りそうだし、大きな船が通ると、その余波で沈まないように、沈められないように、生きた心地がしない。 浴びて溜まった水を掻き出すのも一苦労。 人の言動に、小さな引っかかる...
あれほどの 人も驕る(おごる)か 秋時雨(あきしぐれ)   ... n人間って、調子のいいときは図に乗るものです。あたしみたいな愚か者は。と思っていたのですが、私だけではないようです。人生がうまくいっているときって、ほとんどみんな調子に乗って、人の気持ちに鈍くなるみたいです。あんなに思いやりのあった人が、ふつうのひとになってしまっていることに、がっかりしました。そう...
子 蟷 螂 (とうろう) 草 野 に 出 で て 右 左... かまきりの赤ちゃんは、今ごろたまごからかえると知った。 あの怖ろしげな、鎌を振り上げた大かまきりからは想像もつかないくらい、可愛らしい。 つくりはおとなと同じで、三角の顔、目、そして体のわりには立派な鎌も備わっているが、なにせ小さい。 3センチあるかないか。 秋の草原を、どうしていいか、右往左往して...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください