螽 斯 英 霊 の 母 十 年 待 つ

きりぎりす えいれいのはは ととせまつ

志願して行ったとはいえ、飛行隊所属で、最期が確認されていないという。

敵艦にぶち当たってないのであれば、帰還していないのであれば、不時着の可能性を考えたであろうと思うのです。

口には出さず、でもまだ待っていることは、いっしょに暮らす弟たちにはわかったという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください