蝉しぐれ 蝉に生まれし さだめなり

せみに生まれたからには、せみの生業をしてしまうのです。
人に生まれたものは、人の生き方をするのですが、なぜか判断がまちがうことが、
あるのです。
人生は、やり直しがききませんから、あとの人生はあやまちを懺悔する日々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください