蝉しぐれ 蝉に生まれし さだめなり

せみに生まれたからには、せみの生業をしてしまうのです。
人に生まれたものは、人の生き方をするのですが、なぜか判断がまちがうことが、
あるのです。
人生は、やり直しがききませんから、あとの人生はあやまちを懺悔する日々です。

この句も読まれています。

啓 蟄 や 動 き 始 め は 美 容 院 けいちつや うごきはじめは びよういん わたしも虫のような生活をしています。 世の中の役に立つわけでなし。 テキトーに暇で、テキトーに忙しい。 寒い間は、エアコン全開、さらに着膨れして句会用の句を慌てて作り、当然駄作ばかり。 去年までは、灯油のストーブを愛用したのに、入れるのが面倒で、今年からはさ...
生 真 面 目 に 文 字 盤 の あ り 時 計 草... 大きければ、7〜8㎝、小さいもので、3〜4㎝。 紫色の濃淡で、(赤もあるにはあるけど、毒々しくて、おそろしく不評) 時計の文字盤や針まで、丁寧に作り込んでいるように見える。 つる性で、他の樹々をたよりにつるを伸ばす。 近所には、立派な時計草が咲き乱れている家があって、わたしも、ここ 何年か植えている...
赤 ま ん ま 捨 て る わ け に は い か ぬ も の... 110 / misawakatsutoshi わたしには、捨てるわけには いかない想い出がある。人に 話せば、色褪せる。実につま らない郷愁である。わたしは 頼る人のいない、拠り所のな い不安定な幼少期を過ごした せいか、つまらない想い出の 風景は、親にも替わる意味を 持つような気がしてならない。 ...
山笑う 大方の(おおかたの)ことは やり過ごし... いろいろある。 ある本で、読んだこたですが、頭の中に、 シチューなどの煮込み料理をする煮込み鍋をセットしておくことが大事。 解決のつかないこと、時間を要すること、 急いで結論を出さない方が、きっとうまくいくと思われることなどを その鍋に放り込んでおくと、いつの間にか、 いくべきところに行く、導かれる...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください