蝉しぐれ 蝉に生まれし さだめなり

せみに生まれたからには、せみの生業をしてしまうのです。
人に生まれたものは、人の生き方をするのですが、なぜか判断がまちがうことが、
あるのです。
人生は、やり直しがききませんから、あとの人生はあやまちを懺悔する日々です。

この句も読まれています。

余り苗 漏れなく育ち 秋の空 田植えのときに余ったのだろうか。規則正しい植田の隅に、ひとかたまりの稲が育っている。 規則正しいのと見劣りしない立派な稲に育っている。...
左 義 長 の 焔 上 が れ ば 人 想 ふ さぎちょうの ほのおあがれば ひとおもう 左義長は、どんと焼きのことです。 松の内が終わったころ、シメナワや、出来損ないの習字など持ち寄って、竹を切ったものなどといっしょに焚きつけるのです。 担当は消防団です。 それにしても、人間は、火が好きなのだと思います。 野焼きしかり、どんと焼きしか...
大 池 に 梅 雨 た た く を あ き も せ ず... 車埕_杉木池 / 洗水池 / (Lily) 大きな池や川に雨が降るのを見るのは、やすらぎます。 桜の下にボートなどが浮かんだ湖面より、心を打ちます。 雨に限らず、水の流れる音はいいと思います。...
門柱の シーサー春陽に 疲れ気味 春の陽射しは強い。 沖縄に縁のある家なのだろう。 光沢のある、薄いみどり色の顔をしたシーサーが、 門柱の右と左に鎮座ましましている。 お宮の狛犬とちがって、木陰もない。 沖縄出身だからいいのか。暑くても。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください