蝉しぐれ 蝉に生まれし さだめなり

せみに生まれたからには、せみの生業をしてしまうのです。
人に生まれたものは、人の生き方をするのですが、なぜか判断がまちがうことが、
あるのです。
人生は、やり直しがききませんから、あとの人生はあやまちを懺悔する日々です。

この句も読まれています。

虎落笛(もがりぶえ) もうそこまでの 辛抱ぞ... 垣根に吹き付けるのか、電線か。 身をよじって泣く声に聞こえる虎落笛。 誰かが何処かで泣いている。 今日は終わる。明日が来る。 そうこうしているうちに、状況は変わる。 諦めた頃かならず変わるから、 もうちょっと辛抱しなされ。...
ほおづきの 先は青うて 売られおり... まだ完全には色づいておらず、先の方は青いままの そしてまだ完全なホウヅキの赤ではない、少し うらなりのほうづきが売られている。 今年は、生育が遅いのか、暑さのせいなのかは わからないけど、うらなりのほうづきもそれはそれなり。...
牛膝(いのこずち) 付かねば通さぬ 神社裏... この細い道、昔からあった。 狭くて、牛膝の洗礼を受けなければ通れない。遠いむかしの子どもの城。 今は、とんと使われることはない。...
蒸 気 噴 く 源 泉 管 理 鶏 頭 花 じょうきふく げんせんかんり けいとうか 杉瀬 豊 氏 撮影 「アサヒカメラ9月号 源泉設備点検 」 感動しました。 別府の鉄輪(かんなわ)温泉の裏、人目につかない場所に源泉を管理する建屋があります。 驚くほどの蒸気の量と、激しい勢い。 身の危険を感じるほどの状況のなか、ひとりの作業服姿の...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください