蜥 蜴 (とかげ) 鳴 く 読 経 の 合 間 庭 の 石

新しい仏さまならともかく、顔を見たこともない人の法事に、身が入らないのはいたしかたないと思う。
念仏は退屈で、そのうち足は痺れる、欠伸は噛み殺す。障子越しに外に目をやれば、立派な庭石。
こんなに長く、亡くなった人を弔い続けなければならないのだろうか。
十三回忌、本音を言うと、七回忌あたりで終わりにしてもいいんじゃないか。
もう、自分のことで精一杯なのに、知ったことかというのが本音。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください