蛇 の 舌 ち ろ り 誘 ふ 別 の 道

へびのした ちろりいざなう べつのみち

ヘビがきらわれる原因のひとつに、あのちろちろと出たり引っ込んだり忙しく動く細くて長い舌があるのではと思います。

もししゃべるなら、良からぬ道を教えそう。

人生は選択の連続。
あの親の子として生まれたからには、あるところまでは自身で決めることなどできなかったのも当然ながら、その後の進み方もまちがった気がしてならないとき、別の道もあったのではと、つい思ったりもします。

この句も読まれています。

きき酒の 便り舞い込む 春一番 毎年春に行く、新酒のお披露目、もう会員に登録してるから、ハガキが来ます。 ああ、もう春だと気がつくのです。小さな盃を持って、ぐるぐる廻ります。 またきたか…みたいな顔されても、おかまいなし。さいごに、やっと決めた一本と、奈良漬けと、酒かす買って、電車に乗って帰ります。春のはじめの一大行事です。...
大 鍋 に 筍 炊 け り 湯 気 高 し おおなべに たけのこたけり ゆげたかし 田舎の道の駅です。 少し離れたあぜ道のところで、タライのような大鍋で、採りたてのタケノコを茹でている人がいます。 ナマのタケノコを自分で茹でようと思っても、肝心のヌカが手に入らず、もうここで買えば、簡単でいいやと思います。 それにきゅうきゅうの鍋より、...
古 来 種 は 脇 に や ら れ て 植 木 市... Iris sanguinea / 菖蒲 / 文目(アヤメ) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 日本古来の、椿や柳、花ならアヤメや菖蒲は、追いやられて隅の方。 何やら名前も知らない外来の、ちょっと見栄えがいいのか、派手な花が前面を仕切る。 静かな宿根草を求めて覗いた植木市。 アヤメなど、...
埋 み 火 を 興 す 振 り し て 物 想 ひ... うずみびを おこすふりして ものおもい 炭をながもちさせるために、むかしから火鉢の灰の中に埋めたものです。 灰の中の炭は、火力は弱まりますが、いつまでも燃え続けます。 手をかざせば、ほのかな温もりが感じられたものです。 火ばしで掻き出せば、またあかあかとおこります。 火ばしで、灰や炭を掻き回しなが...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください