蛇 の 舌 ち ろ り 誘 ふ 別 の 道

へびのした ちろりいざなう べつのみち

ヘビがきらわれる原因のひとつに、あのちろちろと出たり引っ込んだり忙しく動く細くて長い舌があるのではと思います。

もししゃべるなら、良からぬ道を教えそう。

人生は選択の連続。
あの親の子として生まれたからには、あるところまでは自身で決めることなどできなかったのも当然ながら、その後の進み方もまちがった気がしてならないとき、別の道もあったのではと、つい思ったりもします。

この句も読まれています。

春陽(はるひ)浴び 天神さまの 牛温し(ぬくし)... 太宰府天満宮の飛梅はもう 終わりがけ。日差しは春な がら、まだ風は冷たくじっ と立っているのは辛いくら いです。道真公の亡き骸を 引いてきたという牛の銅像 は日を浴びて温かい。参拝 客で境内は大賑わいです。...
時 雨 る や 家 中 大 根 煮 る 匂 ひ 明け方から冷たい雨。 長いこと天気のいい日が続いたから、庭木は喜んでいるだろう。 わたしは、雨になると、掃除をしたくなる。 最近は、洋服の端切れを引っ張り出して、見よう見まねで小物を作ったりしているから、生地を置いている棚が何とは無しに乱れがち。 着物を解いた生地、洋服の生地、勿体なくて捨てられない...
文 机 も 畳 も 日 脚 一 直 線 ふづくえも たたみもひあし いっちょくせん 春のおとづれ。 日脚が伸びて、こんな風に直線なんだと妙に感心したりすることがあります。 狭い部屋の真ん中を通り越してふすまを縦に日差しが登ります。...
巻き固き 蕾あやめの 深紫(ふかむらさき) ... あやめは大好きな花です。花びらの大きい菖蒲や、淡い紫の杜若(かきつばた)や、アイリスではない、正真正銘のあやめに限ります。細くしゃきっと立った葉っぱの中に、固く巻いた尖った濃い濃い紫の蕾がある様子は心が躍る心地です。一年のうちわずか十日ほどの花の時季ですが、あ~夏が来ると実感します。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください