虎 杖 を 齧 れ ば 遠 き 道 草 の 味

いたどりを かじればとおき みちくさのあじ

イタドリ。

全国の山野、空き地などどこにでも生えるタデ科の多年草です。

春になると、赤いおかしな形の芽を出します。

なかは空洞で、紅色の茎に赤紫の斑点があるので目立ちます。

ポキっと折って、皮をすーっと剥いてかじると、意外とさわやかな歯ごたえと味がします。

むかしは小学校の数もとても少なくて、登下校の距離は相当なもので、

舗装してない、ほこりっぽいでこぼこ道をてくてく歩いて下校する途中、かじりながら帰ったこと、ついでに、塀からはみ出したグミの実をポケットいっぱい収穫して、タネをプップ吹きながらのそりのそり帰った、幼い日のことを思い出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください