藤よしの 焼き鳥ひとり 筥崎の秋

仕事のついでに筥崎宮に立ち寄った。何年ぶりだろう。木々は大きくて変わらないんだけど、新しい立派な社殿ができていて、多分昔はここも広い空き地の砂地だったろう。手を洗って、正面の社殿にお参りし、奥の祠にも参拝した。秋のお祭りの時期も終わって、静かなものだった。それから賛同を横切る道路を少し行って、藤よしを見つけた。あたしが愛する、昔ながらの焼き鳥屋、明かりがついていて、お昼の定食もやっているらしい。焼き鳥定食を食べた。特別の場所で、秋が特別の秋になった。快晴。暑いくらいだった。誰かに話したいけど、聞いてくれそうな人が、いないから、あきらめてる。

この句も読まれています。

原 爆 忌 サ イ レ ン は 降 る あ の 日 よ り... げんばくき さいれんはふる あのひより 原爆の日のあの時刻に鳴り渡るサイレンは、ぼうだの涙が落ちる音。 痛いと言う人、熱いと言う人、水と言う人、その後の長い人生を苦労苦労で送るしかなかった、幾万の人々の哀しみが降り注ぐなみだのように、長い年月を経てもなお、どんな弔辞よりこころ打つものだとわたしは...
伴 奏 の 入 る ハ モ 二 カ 春 高 楼 ハーモニカ / azuki_leaf 伴奏を入れて、ハーモニカを吹ける人を尊敬する。 みんな、何処で習ったわけでもなく出来るらしい。 「荒城の月」春高楼の夜半の月、今頃かな。...
三 月 や ロ ー カ ル バ ス は 路 線 変 へ... ほとんど市内だけを走る地域バス。 バス会社のバスが通らない住宅街を縫って、駅や市役所、市民センター、地域でいちばん大きい病院などを右回り左回りで巡回します。 100円です。 特に高齢者には人気があって、病院などは道路沿いのバス停ではなく、玄関まで入ってくれることもあって好評です。 わたしの入っている...
『ビールあり 』 幟(のぼり)色褪せ 夏果てぬ... ビールの幟がはためいていた夏。 色褪せて、ようやく夏が終わった気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください