藤よしの 焼き鳥ひとり 筥崎の秋

仕事のついでに筥崎宮に立ち寄った。何年ぶりだろう。木々は大きくて変わらないんだけど、新しい立派な社殿ができていて、多分昔はここも広い空き地の砂地だったろう。手を洗って、正面の社殿にお参りし、奥の祠にも参拝した。秋のお祭りの時期も終わって、静かなものだった。それから賛同を横切る道路を少し行って、藤よしを見つけた。あたしが愛する、昔ながらの焼き鳥屋、明かりがついていて、お昼の定食もやっているらしい。焼き鳥定食を食べた。特別の場所で、秋が特別の秋になった。快晴。暑いくらいだった。誰かに話したいけど、聞いてくれそうな人が、いないから、あきらめてる。

この句も読まれています。

霜 の 声 そ う あ の 時 が 分 水 嶺 しものこえ そうあのときが ぶんすいれい 日本列島は主に日本海と太平洋側にわかれています。 降った雨は、どちらかに分かれます。 その境目は必ずあります。 それらのすべてを分水嶺と言うのだそうです。 そのことにこと寄せて、物事の方向性が決まる分れ目の例えとして使われます。 そのさなかには、...
初夏の 夜風にのせて ジャスミンの... y夜も暑い日が続く。一足飛びに夏が来た。寝るときは窓は開けっ放し。すこし寒いくらいがい い。布団にくるまって寝るのが好き。むっとするようなジャスミンの香りは、香りというより、むせ るようなにおい。「夏が来る」心構えをしなくてはならない。あの体温より高い気温。湿度。...
滑 空 の 鳶 寒 風 を 味 方 と す かっくうの とびかんぷうを みかたにす トンビは一年中いると聞きますが、特に冬には目立つような気がします。 高い空から、地面のネズミなどに狙いを定めると、片方の翼を極端に下げ、強い風に乗って、遠回りかと思われるくらい大きく回って、ななめに下りてきて、確実にものにします。 その眼力と飛翔力に目を...
む ら 消 え の 雪 と 緑 の せ め ぎ 合 ひ... むらぎえの ゆきとみどりの せめぎあい 雪は5センチも降ると、人通りの多いところは 別にして、陽の当たらない庭や、大木の根元には、何日も何日も残るものです。 球根から芽を吹いた緑や、それより何より雑草の緑は、人間が寒さに縮こまっているうちから活発で、雪などには負けそうにもありません。 名残りの...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください