藁 を 編 む 鍋 敷 き を 置 き ひ と り 鍋

わらをあむ なべしきをおき ひとりなべ

ナガタニエンという名前の蒸し鍋を購入しました。

陶製で、中にやはり陶製の、蓮の実のように、たくさん穴が開いたお皿が付いています。

お湯が沸騰すれば、その穴から激しく蒸気が出て、あっという間にセットした肉や野菜を蒸した状態にします。

油は下に落ちます。

初回は、カマンベールチーズを小さな容器に入れ、真ん中に置き、まわりにアスパラ、玉ねぎ、ジャガイモ、ウインナー、鶏肉少々、ほかにレンコン、にんじんなどを入るだけ詰めて、即席チーズホンデュー。

もちろんふつうの鍋としても使えます。

おでんもできます。

藁製の鍋敷きが別売りで、ちょっと迷ったのですが購入しました。

秋の夜に、雰囲気のステキな食卓となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください