薄暑かな 教習所には 蜃気楼

なんという暑さ。
これが五月だろうかと思う。
自動車学校の道路の先には、ゆらゆらと蜃気楼。
暑いなあと思う。
暑いだけで、疲れる。

この句も読まれています。

台風に 簾暴れて 雨戸打つ すだれはやっぱり立て掛けて使うものらしい。軒の先にぶら下げると、日除けにちょうどいいものだから、そうしていたら、台風の大風で舞い上がって、武器のように雨戸に激しくぶつかって大きな音をたてる。今さらもうどうしようもない。バタバタ取り込んだりしたら、二階から落ちるかもしれない。やめとこ。...
蟇 穴 を 出 づ 時 差 ぼ け の 惚 け 貌... ひきあなを いずじさぼけの ほうけがお ヒキガエルは、短い足、幅広いアタマをもつ大型のカエルです。 眼の後ろには発達した耳腺があり、有毒物質を分泌するとのこと。 また、皮膚や背中に散在する多数のイボにも毒腺をもちます。 ほぼ全国のヤブや林に生息し、ガマ、ヒキとも言われます。 体温を外気温と...
船 の 行 く 関 門 の 霞 ( かすみ ) 晴 れ る ま で... 関門海峡 / so-oh 海というのは、見飽きることがない。 和布刈公園から、関門海峡を眺める。 霞がかかって、遠くははっきりしないけれど、海面がキラキラキリコ細工のように輝き、遠くを大小の船が行き交うのが見える。 遠出をする習慣のないわたしは、ここまで来ても、遠くに来たなと思う。 門司港は、観光...
亀 の 鳴 く 善 な る 人 は 早 う 往 く... 「憎まれっ子世に憚る」「いい人ほど早く逝く」と、昔からよく聞く話である。 いい人が早く逝くのかどうかは定かではないが、根性の悪いのが長生きするのはどうも確かなように思えてならない。 あの人この人指折り数えれば、ひとりやふたりでは収まらない。 神さまや仏さまの物差しは、わたしの秤とはどうも違うようで、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください