薄暑かな 教習所には 蜃気楼

なんという暑さ。
これが五月だろうかと思う。
自動車学校の道路の先には、ゆらゆらと蜃気楼。
暑いなあと思う。
暑いだけで、疲れる。

この句も読まれています。

侮 り て (あなどりて) 蝸 牛 (かたつむり) 歩 み 見 逃 せ り... そこにいたはず。のたりのたりと何がしたいのか、何処へ行くつもりなのか。見てやろうと思いつつ、ちょっと他に目を移したばかりに、見失ってしまった。遅い遅いと言われながら、きっちりと仕事をする人がいる。わたしは捌くのは上手だが、速いだけでものごとを俯瞰する力が大きく不足している。何か言われればおろおろす...
冷やし酒 つまみは要らぬ 相手も要らぬ... つまみでわざわざ酒の味を濁らせることはないのです。 食べながら飲まなきゃ……なんて医者以外のヤツから、言われたくはないものです。 わかっとるわい。...
紫陽花の 去年(こぞ)より深い 色いでて... あじさいは土壌によるのか、日当たりか、栄養なのか、よくわからないけど、植えた当初は白っぽくて、ひ弱だったのが、何年も放ったらかしで、裏だからろくに見もしなかったら、今年大きな株のりっぱな額アジサイになって、色は空色より濃い深みのある青に変わっていたのです。時間がたてば、少しずつよくなる。 人間とおん...
墓 地 中 に 動 か ぬ 日 傘 ニ 三 本 SAKURAKO visits a grave. / MIKI Yoshihito (´・ω・) まだ盆でもないのに。 彼岸でもないのに。 広い霊園には、何百という数の墓石があるのではないだろうか。 数えたことはない。 日差しは強く、じっとり汗をかく。 小さな区画の草取りをして、古い花を処分して、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください