薄暑かな 教習所には 蜃気楼

なんという暑さ。
これが五月だろうかと思う。
自動車学校の道路の先には、ゆらゆらと蜃気楼。
暑いなあと思う。
暑いだけで、疲れる。

この句も読まれています。

天領と 呼ばれる町に 梅雨(あめ)止まず... 天領日田。 森の町。うっそうと繁る木々。 山から引き下ろして、貯木場に、立派な丸太が揃う。 いつ止むとも知れぬ雨が明け方から降り続く。 山はひたひたと潤い、樹々は黙々と育つ。 空は低く、一点の晴れ間もない。...
豚足で 乗り切る覚悟 暑気払い まだ七月。 休みの日は、必ず昼寝してしまう。 疲れてると実感する。 サプリも飲むけど、パットしない。 こうなれば、食い物。 豚足でどうだ。...
春 の 月 厨 の 湯 気 を 吸 う て か ら... はるのつき くりやのゆげを すうてから 春の月は、秋の冴えわたった姿とはちがい、どこかほんわりあたたかく、輪郭のはっきりしないところが特徴です。 家々の台所では、おいしそうな匂いがしてくる春の暮れ。 その湯気をちょっと吸ってからでも、遅くはなかろう。 もっそりした姿はそんなことを物語っている気もし...
ミツバチの 犬のふぐりの 蜜を吸う... 犬のふぐりという、雑草があります。春先に青い小さな花をたくさん咲かせる地面を這うようなとても地味な花です。わたしにとってはm大切な花で、幼い頃道端でよく摘んだものです。摘むとすぐに花が落ちてしまい、もって歩くことの難しい花でした。あの頃はまだ母がいて、わたしにはほんのつかの間の静かな子どもらしい暮ら...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください