蔵開き 春昼の酒 うらうらと

蔵開きの季節。小さな杯を持ち、うろうろと濁り酒や吟醸酒や甘酒を飲んで回る。これが幸せか。ほんのひととき生ま
れてよかったと、大げさでなく思う。来年も行こ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください