蔦若葉(つたわかば) 濡れて芽を出す 春最中(はるさなか)

蔦の若葉は遅い。四月も半ばになってようやく芽を出す。紅い芽から、緑ではない鶯色の赤い縁取りの若葉が顔を出す。てらてらとむれたように光り、まるでさなぎからかえった蝶の羽のように見える。春の息吹というか、自然の底力というか、桜でも藤でもない、雑草にも変わらない力を神様はお与えになったのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください