菱 採 ら ぬ 水 面 波 紋 の 暗 映 り

ひしとらぬ みなもはもんの くらうつり

菱の実、むかし西鉄柳川駅の構内で露店のように売っていて、新聞紙にくるんでくれたものです。

ビタミンも豊富で、身体にとてもいいと言われつつ、最近はまったく見かけないのは、甘みがとても薄くてなんとなく水っぽくて、簡単に言えば美味しくないからかと思います。

繁殖しているのに、採る人がいないのは寂しいことです。

水のきれいなクリークは堀と呼ばれ、中に生息している虫のせいか、ときおり小さな水の輪が広がります。

見飽きない風景です。

この句も読まれています。

後半は 入れ歯探しの 花見かな 満開の桜。 年に一度の花見の宴。 なんで入れ歯を落とすかな。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
百八つ 煩悩の渦 除夜の鐘 なかなか素敵な人間になれない。 まず、やさしく、次にいい意味できちんとした人間になりたいのですが、 なんか頑張っているのに、悪い人間じゃないのに、 いまいち信用されてない。 来年は、もっと考えてしゃべるようにしよう。 おもいやりのない発言を、ちょろっとすることがあるみたい。 気をつけよう。 過去の恨...
戸を開けて 服掻き合わせ 山粧う そんなに寒いとは思わず、雨戸を開けて、冷気を感じ、おお寒って思います。 寒いのはそんなにいやではありません。 少し働こうかって、気になります。...
蟇 穴 を 出 や や こ し き は 後 回 し... ひきあなを でややこしきは あとまわし ヒキガエルは、短い足、幅広いアタマを持つ大型のカエルです。 見かけによらず、眼の後ろや皮膚やあのイボにも毒を持つそうです。 体温を外気温と同じにして、仮死状態で冬眠する両生類です。 その冬眠中のヒキガエルが、春になって土の中から出てきます。 もともと動きが鈍...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください