菱 採 ら ぬ 水 面 波 紋 の 暗 映 り

ひしとらぬ みなもはもんの くらうつり

菱の実、むかし西鉄柳川駅の構内で露店のように売っていて、新聞紙にくるんでくれたものです。

ビタミンも豊富で、身体にとてもいいと言われつつ、最近はまったく見かけないのは、甘みがとても薄くてなんとなく水っぽくて、簡単に言えば美味しくないからかと思います。

繁殖しているのに、採る人がいないのは寂しいことです。

水のきれいなクリークは堀と呼ばれ、中に生息している虫のせいか、ときおり小さな水の輪が広がります。

見飽きない風景です。

この句も読まれています。

其 処 此 処 に 野 分 窺 ふ 風 の 舞 う... そこここに のわきうかがう かぜのまう 10月の台風。 強い、大きいとテレビが威かします。 まだまだ遠い南の海上なれど、あやしい雲行きです。 雨が降ったり止んだり。 風向きもあっちやらこっちやら。 不穏な空気です。...
花冷えて 自慢話の 裏の顔 人は複雑。 本当に困っている時には、困った顔はできないものです。 ちょっと困ったときは、それは裏返せば、自慢ということもあります。 成功と挫折は、うらおもて。 苦難の日々が続くときには、言わなくてもいいことを言ってしまうことも あると思うのです。 いつものアンテナが狂ってしまうことがあるからです。 ...
月 落 ち て 植 田 の 苗 の 沈 む 頃 PhoTones Works #3049 / PhoTones_TAKUMA 田植えが終わって、そろそろひと月。 苗はもうすっかり落ち着き、田んぼ を自分のものとして背丈を伸ばして いる。月は水面を鏡として、大きく 水田に姿を魅せる。 もうあと少しで暑い夏が来る。...
春愁や 展示の美女の 空眼(そらまなこ)... 四千年前の発掘展示。美女と呼ばれる ミイラ。黒いロングヘアは往時をしの ばせる。骸骨の深く空いた両の眼は、 哀しみの色。なんで今ここにいるのか。 どうして展示されてしまったのか。気 の毒としか言いようがない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください