菱 採 ら ぬ 水 面 波 紋 の 暗 映 り

ひしとらぬ みなもはもんの くらうつり

菱の実、むかし西鉄柳川駅の構内で露店のように売っていて、新聞紙にくるんでくれたものです。

ビタミンも豊富で、身体にとてもいいと言われつつ、最近はまったく見かけないのは、甘みがとても薄くてなんとなく水っぽくて、簡単に言えば美味しくないからかと思います。

繁殖しているのに、採る人がいないのは寂しいことです。

水のきれいなクリークは堀と呼ばれ、中に生息している虫のせいか、ときおり小さな水の輪が広がります。

見飽きない風景です。

この句も読まれています。

鞦 韆 の 鎖 の 熱 や 更 け て な お しゅうせんの くさりのねつや ふけてなお しゅうせん、ブランコの俳句言葉です。 一日中猛暑に灼かれ、持ち手のクサリはさわれないほどです。 夜になり、少しは過ごしやすくなり、ゴミ出しのついでに、ちょっと腰掛けてみると、満天の星。 クサリはさわれないほどではないけれど、まだかなり熱をもっています...
秋暑し 強者(つわもの)共の 献血車 この暑い中、血を抜くなどとんでもない。 それでなくとも熱中症に脱水、 死んでしまう。 福祉プラザ前の献血車には、ツワモノが数人。 あとの人は、見えないふり。...
雁の寺 逃れられない 定めあり 水上勉 【 雁の寺】 昭和44年発行のこの文庫本を、もう茶色になって読みにくいこの本を、わたしはこの季節になると読み返す。人は降ろすことのできない荷物を背負って生まれるのだろうか。 与えられた環境で生きる術を探しながら、なんとか頑張るのだろうか。そうでもない人の多いこと。あしたも秋の雨が降るだろ...
蜥 蜴 (とかげ) 鳴 く 読 経 の 合 間 庭 の 石... 新しい仏さまならともかく、顔を見たこともない人の法事に、身が入らないのはいたしかたないと思う。 念仏は退屈で、そのうち足は痺れる、欠伸は噛み殺す。障子越しに外に目をやれば、立派な庭石。 こんなに長く、亡くなった人を弔い続けなければならないのだろうか。 十三回忌、本音を言うと、七回忌あたりで終わりにし...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください