菱 採 ら ぬ 水 面 波 紋 の 暗 映 り

ひしとらぬ みなもはもんの くらうつり

菱の実、むかし西鉄柳川駅の構内で露店のように売っていて、新聞紙にくるんでくれたものです。

ビタミンも豊富で、身体にとてもいいと言われつつ、最近はまったく見かけないのは、甘みがとても薄くてなんとなく水っぽくて、簡単に言えば美味しくないからかと思います。

繁殖しているのに、採る人がいないのは寂しいことです。

水のきれいなクリークは堀と呼ばれ、中に生息している虫のせいか、ときおり小さな水の輪が広がります。

見飽きない風景です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください