荒 星 や 肉 親 の 縁 薄 き と て

あらぼしや にくしんのえん うすきとて

年寄りが言う、迷信のような言葉や言い伝えは、若いころは馬鹿にしてろくに聞きもしなかったけれど。
人にはそれぞれ、持って生まれた「さだめ」なるものがあるらしいとのこと。
ジムで、友だちになった呑み屋のママがサウナで言っていました。
もしかしたら当たっているのかもしれないとこのごろ思うこともあります。
「 肉親と縁が薄い 」
親に恵まれず、たったひとりの妹とも、すっかり疎遠。
定めと知れば、なんてことはない。
割り切って生きていけます。
人と比べることもありません。
ただ、句会では、母ものや、子どもを詠んだ愛情深い句は採れません。
なんか、気持ち悪くなるからです。

この句も読まれています。

盆の日に 弔う人なく わびしくもなく... 墓参り、親戚回り、親族の集い、なーんにもしなくともよい。 所詮一人。 人などあてにはならぬ。
汗 拭 ひ ( ぬぐい ) 恋 愛 線 を 確 か む る... 占いなんてものは信じない。 いいこと、悪いこと順繰り回しているだけだ。 おみくじだって同じこと。 でも、大吉が出ると、ちょっと嬉しくて、情けない。 ただ、今でも不可思議で奇妙で、怖いことがある。 むかし職場に、ミシン販売のおばさんが来て、「 ちょっと貴女、間違ってたらごめんなさい。ご両親揃ってらっし...
三 代 目 見 よ う 見 ま ね の 吊 る し 切 り... さんだいめ みようみまねの つるしぎり アンコウの吊るし切り。 激しく押しつぶされたような顔。 深海魚。 黒褐色。 下あごが突き出した受け口状の大きな口に小魚を誘い込んで食べます。 筋肉が締まってないので、調理のときは、アゴに通した縄で吊るし、多量の水を胃の中に注ぎ、特別の包丁さばきで切...
芋 天 は 吸 う 息 で 喰 う 目 白 黒 いもてんは すういきでくう めしろくろ 遠いむかし。 まだ母がうちにいたころ、サツマイモの天ぷらの揚げたてを食べるのが楽しみでした。 母は新聞紙に揚げたてのサツマイモをのせ、わたしもまだ熱い出来たてを新聞紙にはさんでフウフウ言いながら食べたものです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください