荒 星 や 肉 親 の 縁 薄 き と て

あらぼしや にくしんのえん うすきとて

年寄りが言う、迷信のような言葉や言い伝えは、若いころは馬鹿にしてろくに聞きもしなかったけれど。
人にはそれぞれ、持って生まれた「さだめ」なるものがあるらしいとのこと。
ジムで、友だちになった呑み屋のママがサウナで言っていました。
もしかしたら当たっているのかもしれないとこのごろ思うこともあります。
「 肉親と縁が薄い 」
親に恵まれず、たったひとりの妹とも、すっかり疎遠。
定めと知れば、なんてことはない。
割り切って生きていけます。
人と比べることもありません。
ただ、句会では、母ものや、子どもを詠んだ愛情深い句は採れません。
なんか、気持ち悪くなるからです。

この句も読まれています。

そ の う ち と 言 ふ て は 遅 し 喪 の 葉 書... そのうちと いうてはおそし ものはがき これが片付いたら、声をかけてみようなどと、音沙汰のない人と会うことを、後回しにしてはいけないと思いました。 病があれよあれよと進むことあり、喪中のハガキが来ました。 思いたったときに、少々無理してでも時間を作って会っておかないと、取り返しがつきません。 ...
思いきり 青笹叩く 走り梅雨 いきなり大粒の雨。 今日から梅雨と、さっきラジオが言ってた。 笹の葉に打ち付ける雨音は、トタンの屋根を打つ雨音とよく似ていて、激しいものだ。 明日から毎日雨だと。...
持 ち 味 と い う て 我 儘 (わがまま) 稲 雀... Commander and subordinate / BONGURI なんでもかんでも、言う奴は言う。正義とは別物。言ったもん勝ち。中年女性だけの職場なんて、その最たるもの。おかしいことがまかり通る。中年稲雀は群れることが好き。全く、節操というか、たしなみというか、常識がない。人を非難する。批判す...
何事も なかった街が 流れ行く 誰が苦しもうと、死のうと街は流れる。いつものように。わたしの苦しさも悔しさもどうでもいいこと。みんな知らないこと。知ったところで、どうでもいいこと。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください