草 紅 葉 土 偶 は 大 き く 眼 を 閉 じ て

宮崎の遺跡で土偶が見つかったらしい。
ほぼ完全な形で。
もともとが、2頭身か3頭身。
大きなアタマは愛嬌たっぷりで、さらに顔の半分ほどもある目玉は、見開くどころか、しっかりと閉じている。
ただ大きくまん丸く縁取りがされていて、その真ん中に真横に一本線が入っているものだから、まるでイグアナが眼を閉じているように見える。
大昔、おそらく弥生時代と呼ばれている頃に、豊作を願って作られたものだろうか。
それとももっと新しい時代なのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください