茶 摘 み 唄 茜 襷 は も う 見 へ ず

ちゃつみうた あかねたすきは もうみえず

「夏も近づく八十八夜 あれに見えるは茶摘みじゃないか 茜ダスキにスゲの笠」

手摘みはまだ行われているとのことですが、驚くほどの大きさの摘み取り機が、茶畑を席巻します。

あっという間に若芽を摘み取っていくようすは隔世の感があります。

作業が楽になるのはいいことです。

最近の五月の天候は、熱中症と無縁ではないことですし。

今年は冬に充分な寒さを超えているため、質のいい八女茶が取れていると聞きます。

今日は八十八夜です。

この句も読まれています。

自 転 車 の お 巡 り 教 ふ 紅 葉 寺 じてんしゃの おまわりおしう もみじでら 観光客に道を教えるおまわりさん。 自転車のときは親切。 これがパトカーになると、とたんにお金取ろうとする。 秋の高い空。 モミジもそろそろ終わりに近い。...
鉛筆を 持つ手冷たし 掃く息白し わたしは拙い俳句もどきを書くとき、 パソコンの前では、かけません。 布団の中で書きます。 断熱材が入ってないのか、薄いのか、 とても寒いのです。 時々手を布団の中に入れて、 暖め直しながらでないと、 冷たくて書けません。 はく息も白い。...
運 不 運 ど ち ら も あ り て 寒 卵 毎年、毎月、そして毎日「 今日はついてる」と思ったり、その反対だったり。 いいときは慎重に、悪いときはテキトーに。 あしたになれば、あしたの風。 3 Brown Boiled Chicken Eggs / epSos.de...
大 試 験 心 意 気 な り 大 増 便 だいしけん こころいきなり だいぞうびん 大試験、おかしな言葉ですが、冬の季語です。 今で言うセンター試験や、それに続く二次試験のことでしょうか。 バスはもちろんのこと、JRまで、普通なら停まらない電車を、最寄りの駅に止めたり増発したり、人生の岐路に立つ受験生を応援しています。 「そんなことで、人...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください