茶 摘 み 唄 茜 襷 は も う 見 へ ず

ちゃつみうた あかねたすきは もうみえず

「夏も近づく八十八夜 あれに見えるは茶摘みじゃないか 茜ダスキにスゲの笠」

手摘みはまだ行われているとのことですが、驚くほどの大きさの摘み取り機が、茶畑を席巻します。

あっという間に若芽を摘み取っていくようすは隔世の感があります。

作業が楽になるのはいいことです。

最近の五月の天候は、熱中症と無縁ではないことですし。

今年は冬に充分な寒さを超えているため、質のいい八女茶が取れていると聞きます。

今日は八十八夜です。

この句も読まれています。

色 恋 は 持 ち 込 む 勿 れ 大 花 野 いろこいは もちこむなかれ おおはなの 自然がくれた大花野。 咲き誇る花々を、清い心で鑑賞しようではありませんか。 不倫など、するものではありません。 ひがみに聞こえたかもしれません。...
打つ雨に やさしさの裏 かいま見る... 今日は、朝から激しい雨です。叩きつけるような雨であわてて窓を閉めました。人間って不思議なもので、思わぬ時に、なんの脈絡もないことをふっと思い出したりします。あの時、あの人、迷惑だったんだときがついたりします。人に言うと、自意識過剰とか被害妄想だとか言われたりするけど、ようく思い出してみると、決してそ...
釣 り 忍 盤 の 水 に 漬 け 置 か れ つりしのぶ たらいのみずに つけおかれ 釣り忍。 シダ類の根を重ねて巻いて、軒先に吊るし、涼を呼ぶ風鈴やすだれと並ぶ、暑さを凌ぐための、むかしからの日本人の知恵。 水は毎日かけているのだけれど、この頃の熱波は凌ぎ難いようで、ときどきたらいに冷たい水を張ってしばらく行水させて、充分な水分補給をさせま...
余り苗 隅の清水の わくところ 少しだけ余った苗は、田んぼの隅のほうに、少しまとめて植えてありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください