若 け れ ば お く れ 毛 の 美 し 梅 雨 は じ め

わかければ おくれげのはし つゆはじめ

梅雨どきは湿気が多いせいか、ひとつに結んだ髪がいく筋か落ちて、首すじにまとわりついて気持ちの悪いものです。

古い映画では、むかしの女優さんが、その後れ毛をクビをかしげながら、片手で持ち上げるしぐさが色っぽくて艶っぽくて魅力的です。

ふつうの人がマネすると、クビを痛めたのかと聞かれそうです。

「美し」と書いて、「はし」と呼ぶことを、俳句講座で覚えました。

いつか使ってみたかったものですから。

分不相応は承知しております。

この句も読まれています。

梅雨寒に 珈琲店の 器抱く 暑いと思ったら、この寒さ。 半袖で震えて、コーヒー屋(むかしで言うなら喫茶店)で、熱い珈琲を飲む。 両手で器を抱えて、暖をとる。...
秋灯に 栞(しおり)の紐の 新しき 新しい本の匂い。インクの匂いか、紙の匂いか。 真ん中あたりのページに、ぺったりと張り付くように挟まった 栞替わりの紐を引っ張り出すのも楽しい。 本屋のカバーをとって、和紙のかわいいものに変えた。 眠れない夜に。少し元気なときの時間つぶしに。...
こ ん な 色 訝 し げ な り 枯 蟷 螂 こんないろ いぶかしげなり かれとうろう 夏場は緑色に輝いて鎌を振りかざしていたカマキリも、もうそろそろ命の終わりを迎えます。 身体は枯葉色に変わっていきます。 何気なく振り上げた鎌、ひねった胴体のあたりか、自分も此処まできたかと客観的に己を見ていそうな雰囲気があります。 まだまだ勢いのあるときに...
言うたこと 戻せはせぬか 夏大根 しまった。余計なこと言ってしまった。 いくら後悔しても、言っちゃったもんは、もうしょうがない。 まったく、馬鹿じゃない。 忘れよっと。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください