若 け れ ば お く れ 毛 の 美 し 梅 雨 は じ め

わかければ おくれげのはし つゆはじめ

梅雨どきは湿気が多いせいか、ひとつに結んだ髪がいく筋か落ちて、首すじにまとわりついて気持ちの悪いものです。

古い映画では、むかしの女優さんが、その後れ毛をクビをかしげながら、片手で持ち上げるしぐさが色っぽくて艶っぽくて魅力的です。

ふつうの人がマネすると、クビを痛めたのかと聞かれそうです。

「美し」と書いて、「はし」と呼ぶことを、俳句講座で覚えました。

いつか使ってみたかったものですから。

分不相応は承知しております。

この句も読まれています。

S L の 蒸 気 麦 の 芽 触 り 行 く SLの じょうきむぎのめ さわりゆく 麦はようやく芽が出て少し育ったくらいです。 稲刈りの終わった田圃に少々心もとないようすで、頑張っています。 あちこちで懐かしのSLが運行されています。 わたしは、子どもの頃、蒸気機関車に確かに乗った記憶があります。 確か鳥栖駅で、窓を開けていたために、前の席の...
ツクツクの 報われぬこと 多しと鳴く... ツクツクボウシどこかやるせない、絞り出すような鳴き声。 ああもう秋が近いと、実感していたけれど、 今年になって思った。 頑張ってもどうしようもないことがあって、苦しいと言ってる。...
原 爆 忌 サ イ レ ン は 降 る あ の 日 よ り... げんばくき さいれんはふる あのひより 原爆の日のあの時刻に鳴り渡るサイレンは、ぼうだの涙が落ちる音。 痛いと言う人、熱いと言う人、水と言う人、その後の長い人生を苦労苦労で送るしかなかった、幾万の人々の哀しみが降り注ぐなみだのように、長い年月を経てもなお、どんな弔辞よりこころ打つものだとわたしは...
叩くなよ いつか仕返し 梅雨の夢 ずいぶんと理不尽なことで、叩かれて育ったものだ。ずいぶんな時間を震えおののいて過ごしたものだ。返せ。わたしの心を。おびえた時間を。「人を許すことで、あなたも救われるの。仕返しなんて考えても、むなしいだけだわ。その人の幸せを心から願えるようになったら、あなたは大きな人間になれる。」 ふざけんな。仕返し...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください