若ければ ジンジャーの花 髪にかざりて

ジンジャーの花、清楚で飾り気がなく、いい香りがする。

この句も読まれています。

梅 時 空 に 忘 れ た いことの み 巡 り... 朝はまだ寒い。小糠雨は止まず。空は低く、今日も一日こんな天気なのだろう。忘れてしまいたいことばかりが頭に浮かぶ。もういいよ。考えない。...
花 見 客 心 霊 ス ポ ッ ト 溢 れ た り... はなみきゃく しんれいすぽっと あふれたり おどろおどろしい伝説もあり、心霊スポット。 通用するのは、地元とその周辺だけ。 外国人はもとより、よそ者はあずかり知らぬこと。 よって花見の客でごった返しとなりました。...
目借り時 干した布団で 甲羅(こうら)干し... あんまり動く気がしないことがある。 わたしは、そういうさぼり心は重んじる。 無理に始めたところで、余計散らかるだけ。 今朝はせいぜい布団干しだけ頑張った。 取り込もうと思って、思わず自分も乗っかってしまった。 となりの庭が見える。 お日様の匂いを嗅ぐ。 春爛漫。...
こう生きて こう来るしかない 春の雨... 一生懸命生きてきたつもり。でもいっぱいまちがっていた。そのときには気づかなかった。 なんて愚かなと後からいくら悔やんでも、人生はやりなおしがきかない。失敗の後始末のため にあとの人生を使い果たしているといっても、過言ではない。人生はやりなおしがきかない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください