若ければ ジンジャーの花 髪にかざりて

ジンジャーの花、清楚で飾り気がなく、いい香りがする。

この句も読まれています。

薔薇を挿す 芽の出てうれし 二月雨... 挿し木をした。アイビーや薔薇、つる薔薇や一輪もの、紫陽花いまのところはなんとかいう、挿し木用の土にいっぱい挿しているだけ。生きているか、ちゃんとついたか水を遣りながら、楽しみである。二月の雨が地面を潤し、いろんなものが確実に成長している。今頃の雨はうれしい。三月になると、うわっと春が来て、日差しも強...
秋 の 陽 や 藤 椅 子 飴 色 遠 き 山 あきのひや とういすあめいろ とおきやま 長かったそして、とても暑かった夏が過ぎ、縁側に置いていた藤のイスは、いつの間にか日焼けして色を変え、空気が澄んできたのか、気温が下がったからそんな気がするのか、遠くの山々はくっきりとその輪郭をあらわします。...
蝸 牛(かたつむり) 来 し 方 の 歩 み 歴 然 と... かたつむりは、あのべたっとした糊のようなものを出しながら歩くから、何処を通ったのかわかる。わたしもまっしぐらに進んでいるつもりが、たぶん同じところを行ったり来たりしているのだろう。良かれと思って決めたことは、たいてい裏目に出る。なんでかな。...
兼 用 の 傘 と 薬 と 持 ち 歩 き むかしは日傘で、おおかたよかった。 最近の気候は、晴雨兼用の傘の出番が多く、売り上げも伸びているとか。 バックに、兼用傘と常備薬持っておけば安心。 使わなくとも。 乗り物に乗っても。 降りても。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください