苗 札 に 指 紋 残 し て 売 ら れ け り

なえふだに しもんのこして うられけり

近所に、とっても素敵な庭木屋さんがあって花や木の苗から植木鉢、門扉などに掛けて飾る針金や金属製の器具まで売っていて、しょっちゅう覗いていたのに、経営者がほかの事業に失敗したとかで、店を閉めてしまいました。

今はドラッグストアになっています。

わたしは一年草のちゃらちゃらした花がキライで、都忘れやテッセン、オダマキや矢車草、アジュガや日本水仙を探しているのですが、流行遅れなのかさっぱり見つかりません。

今年の初めの頃には、朝倉の道の駅で、ザクロの苗を見つけて飛びつきました。

葉はぜんぶ落ちて、枯れ木のようでしたが、札にザクロと書いてあったので。

今も大きさは変わらないのですが、緑の葉に覆われ、オレンジ色の小さな花をひとつつけています。

この句も読まれています。

手 花 火 が 映 す 油 断 の 憂 ひ 顔 てはなびが うつすゆだんの うれいがお 夜の花火。 暗闇に手元ばかり明るくて、嬌声が上がる。 線香花火は見られなくなったけれど、それに似た、少し寿命の長いものが売られており、花火セットにも入っています。 小さな火、あたりは暗闇、ついつい自分の世界に入ったところを、ほの明るい花火が捉えた。 ...
裏 山 は 釣 瓶 落 と し に 鬼 と な る... うらやまは つるべおとしに おにとなる 山に沿って建てられた家々が地すべりの被害を受けました。 昼間は、あれこれとやることも考えることもたくさんあって忙しかろうと思われますが、釣瓶落としの秋の夕暮れには、裏の山はさらに大きく迫り、恐ろしいものにへんげするのではないか。 隣町には、こんなところは...
夜 神 楽 の 溢 れ 松 明 顔 半 分 よかぐらの こぼれたいまつ かおはんぶん たいまつが燃え盛る、火は人々の顔を半分だけ明るく映します。 ロウソクの炎とは、まったくちがう激しい火の粉です。 じっと見つめる人間のアタマの片隅の片隅に埋もれているものを引っ張り出すのかもしれません。 平家の安徳天皇は、身代わりだったという説が世間に...
そのときに 言えばよかりに 凍りつく... 職場で、月に一度のミーティングが、ありました。 「こういうやり方をしてる人がいました。 気をつけるように」 あたしのことです。 良かれと思ってしたことが、ミスだったのです。 なるほどと、反省します。 でも、なんでそのときいっしょにいたくせに、 言ってくれなかったの。 みんなの前で言うのも、大事だろう...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください