芹を摘む 野焼きの堤防 畦を行く

むかし春が近くなると、遠くまで芹摘みに出かけたものです。
畑の畦や川の堤防に生えていて、ついでに土筆も見つけたものです。
野焼きの匂いはどこか郷愁をさそうもので、
歌ならば、菜の花畑に入日うすれ~とか、
みかんの花が咲いている~思い出の道~丘の道~などを
思い出したりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください