花 八 手 厨 ( くりや ) 口 ま で 日 は 来 ず に

北九州市戸畑にある、国指定重要文化財 旧松本家住宅(西日本工業倶楽部) の一般公開に、先日11月1日に行って来た。
何せ、一般公開は、一年にたった一日。
行きたくても、仕事があるので今まで行けなかった。
明治専門学校、今の九州工業大学の前身を創設しまた日本の産業界の重鎮であった、松本健次郎氏の邸宅だそうで、洋館と日本家屋が並び建つみごとなものだった。
若松で炭坑を起こしたことが、財を成すきっかけだったと。
順路に沿って見学するのだけれど、「ここは入ってはいけません」の部屋があちこちにあり、その広いこと天井の高いこと、小さいところまで手の入った建築は、伊藤伝右衛門邸とは比較にならない豪華さだった。
わたしは階段にとてもこだわるのだけれど、緩やかで、幅広く、二階に上がるのに3回折り返している。
和風建築もすばらしく、硝子は当時のままなので、景色が歪んで見えた。
座敷は各所にあり、どれも控えの間が備わり、座敷を囲んで周りはぐるっと縁側。
もちろん玄関は、畳敷きの広間。
池や、むかしは流れていただろう水路もある庭には、完璧に剪定された大木が配されている。
裏に回って、台所の出入り口とおぼしきところには、大きなやつでの木。
白い花が咲いているのもあれば、そうでないのもある。
陽当たりの加減だろう。
秋の一日、此処に来れたこと、神さまに感謝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください