花 の 雨 性 (さが ) な る も の を 想 ひ た り

はなのあめ さがなるものを おもいたり

人が桜を愛でるのは、その儚げな姿、咲き誇った艶やかさ、散り際の潔さに尽きると思うのです。
咲いて散るこれもまた、さだめでしょう。
古来から、吉野の山にお詣りに来た人々が花を植え続けてきたというのも、持って生まれた運命を
どうにかしようと思うわけではなく、しみじみと認識する時間がほしかったのではと思うのです。
運命とはどうしようもないもの、どうやってその波に、流れに乗るかを模索すること考えることが、その時間が必要なのかもしれません。
みんな一生懸命なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください