花薊(はなあざみ) 生けし時より 向きを変え

Japanese Thistle / Cirsium japonicum / ドイツアザミ / ハナアザミ
Japanese Thistle / Cirsium japonicum / ドイツアザミ / ハナアザミ / TANAKA Juuyoh (田中十洋)

アザミは力がある。トゲのある太い茎から
ギザギザの葉っぱの先まで。苦労して花瓶
におさめたところが、一晩経つと、好きな
方向、一本一本がめいめい勝手な方を向い
ているのに驚いた。生命力が強いんだろう。

この句も読まれています。

七 十 も 働 け 蝙 蝠 笑 ひ お り しちじゅうも はたらけこうもり わらいおり 年金が足りないらしい。 65からはもらえなくなるらしい。 70まで働けと。 団塊の世代は、働いているうちはよかったものの、退職と同時にお荷物と化した。 この先、老人ホームも特養もというより、そもそも介護保険も医療も団塊に占領され、アタシらは入る施...
月を連れ 影法師踏んで ひとりぼち... もう吐く息が白い。日が落ちるのもずいぶん早くなった。昔の唄など口ずさみながら、前に後ろに行く影法師と帰り道。別に急ぐわけでもない帰り道は悪くない。ときどきお風呂に寄ったり、焼き鳥を買ったりしながら帰る。一人宴会だ。とにかく一瞬あたまをからにする。少し上手になったと思う。...
階 段 を 這 い 登 り き て 苔 清 水 かいだんを はいのぼりきて こけしみず 長い急階段の上にある社です。 どうしようかと一瞬迷ったけれど、此処まで来たのだからと、意を決して登り始めました。 息も切れぎれ、ようやく辿り着くと、其処は別天地。 覆い茂る大樹の根元の辺りは、きれいに苔が、それも一面に。 山から落ちるほんの小さな滝のおかげで...
竹 箒(たけぼうき) 立 て か け し ま ま 野 分 来 し... 九州では、久しぶりの大型台風だった。 心構えが充分でなかったため、植木鉢は落ちる、箒は放りっぱなし。 バケツは転がる。 台風のさなかに外に出ると、ろくなことはなかろうと、家の中で身を潜めていた。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください