花冷えや 温泉街(おんせんまち)の 裏階段

温泉が好きで、温泉の街が好きです。
路地の奥まで、ゆで卵のような硫黄の匂いがします。
地元の人は、街の銭湯へ行くそうです。
家に温泉を引いているところもあるらしい。
はじめは小さかったであろう温泉旅館が、建て増し建て増しで、おかしな風に巨大化しているのを外から、内から見るのも好きです。
道も迷路のようで、こんなところにとびっくりするとこに、小さな階段があって、近道ができるようになってたりします。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください