花八手 ここまでひそかに 日暮れ行く

もともと日陰を好む八手は、日暮れが似合いそう。
目立たないながら、少し昔の普通の家の角や中庭にはなくてはならない存在です。
なんとなくしっくり落ち着くからでしょうか。

この句も読まれています。

ご う ご う と 芽 吹 き の 音 や ど の 幹 も... ごうごうと めぶきのおとや どのみきも 春が間近です。 もう芽を吹く寸前の樹々。 幹の中は、春の息吹に遅れまいと栄養を行き渡らせ、万全の準備を整えているところでしょうか。 桜ももちろん、名も知らぬ若木まで。...
湯 冷 め さ え 命 取 り ぞ と 脅 さ れ し... ゆざめさえ いのちとりぞと おどされし ヒートショック・・・ジムの脱衣場にも大きく貼り出してあります。 血圧が短時間のうちに上がり下がりするのが、とってもよくないと、みんなが言います。...
兵 馬 俑 誰 も 彼 も は 花 の 屑 あまり欲をかかぬことでしょうか。 死んだ先のことなど考えぬこと。 きっと思うようにはいかないし、貴方が死んだとて、さして困ることもなし。 秦の始皇帝って、アタマのいい、実行力のある人物だったと。 広大な中国を、文字と計りを統一して治めたとのこと。 喋ってもわからないけれど、書けばおんなじってことでし...
独活(うど)の灰汁(あく) 舌に転がし 濁り酒... ウドにも、ツクシにも、アクがある。 ぜんぶ抜かないことが大事だと思う。 どうせたくさんは要らない。 季節を感じて、一献。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください