花八手 ここまでひそかに 日暮れ行く

もともと日陰を好む八手は、日暮れが似合いそう。
目立たないながら、少し昔の普通の家の角や中庭にはなくてはならない存在です。
なんとなくしっくり落ち着くからでしょうか。

この句も読まれています。

大村の 湾のへさきの 墓地も梅 長崎の大村湾の、先っぽに小さな墓地があります。 なんでこんなとこに墓地、海の見える一等地、 別荘に最適。 風は少し強いけど、春の風。 曇り空だけど、小さな梅が満開。...
花 魁 の 運 び に も 似 て 勝 ち 力 士... おいらんの はこびにもにて かちりきし吉原風俗を代表するといわれるおいらん道中。いわば昔のファッションショー。外八文字を踏みながら、練り歩く姿はプライドのかたまりだったとか。田舎の祭り相撲でも、優勝すれば横綱です。にわか横綱でも、引き上げて行く姿は、それなりの風格を感じるものです。...
原 爆 忌 そ の 寸 前 の 普 通 の 日 げんばくき そのすんぜんの ふつうのひ ヒロシマ、そして長崎。 8月6日、9日のその瞬間まで、戦時中とはいえ日常の生活が営まれていたはず。 弁当を持たせ、行ってきますと言い、学校や徴用された工場へ当たり前に出かけ、当たり前に送り出し。 いたずらか、運命か、多くの人が亡くなるなか、いのちを得た人もい...
蜥 蜴 (とかげ) 鳴 く 読 経 の 合 間 庭 の 石... 新しい仏さまならともかく、顔を見たこともない人の法事に、身が入らないのはいたしかたないと思う。 念仏は退屈で、そのうち足は痺れる、欠伸は噛み殺す。障子越しに外に目をやれば、立派な庭石。 こんなに長く、亡くなった人を弔い続けなければならないのだろうか。 十三回忌、本音を言うと、七回忌あたりで終わりにし...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください