花八手 ここまでひそかに 日暮れ行く

もともと日陰を好む八手は、日暮れが似合いそう。
目立たないながら、少し昔の普通の家の角や中庭にはなくてはならない存在です。
なんとなくしっくり落ち着くからでしょうか。

この句も読まれています。

竹 若 葉 熊 に 鈴 や ら 死 ん だ ふ り... たけわかば くまにすずやら しんだふり クマの被害が連日報道される今に至ってもなお、山に入るときには鈴を付けろと言う専門家と称する人がいます。 ひと昔前までは、死んだふりをしろと、まことしやかに言い伝えられたものです。 何を信じるかは、自己責任でしょうか。...
「田中慎弥の掌劇場」 痛快丸かじり。世間の、NHKの、甘くてうっとおしい思いやりや優しさやうるわしさに、吐きそうになっていたとき、というよりそういう自分に完全に気がつく前の、何というか居心地の良くない、なんか違うんだけど、それをうまく言葉にできないもどかしさを感じていたこの頃。田中慎弥は、見事に言い揚げてくれた。ウソっ...
秋 の 蝉 力 強 き に 驚 け り 蝉 / norio_nomura 盛りは過ぎた。余命幾ばくもなかろう 蝉が、意外としっかりと鳴く。夏の盛 りとひとつも変わらない。今ある命を ていねいに、まっしぐら。頑張れ。...
痛いほど 五月の日差しと やりきれなさと... この激しい日差しはなんだろう。私は暑いのが苦手。いまからこれなら、夏が思いやられる。やりたくもない仕事で、街をうろうろする。レーザービームで攻撃を受けてるような気さえする。それにしても、このやりきれなさはなんだろう。吸う息吐く息ごとに重いというかむなしい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください