芝芽ふく 春の絨緞(じゅうたん) まっしぐら

芝というものは、少しずつ少しずつ芽を出すのだと思いますが、昨日まで薄茶色だったのが、
きょうになると、いきなり緑に見えてびっくりしています。
たぶんある一定の線を超えると、人間の目には緑に見えるということなのでしょう。
まだときどき寒い日があるものの、春が来ました。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください