自 転 車 に 夏 の セ ー ラ ー 風 は ら む

じてんしゃに なつのせーらー かぜはらむ

高校生が夏服を着ると、とたんに夏が来た! 気分になります。

わたしはセーラー服を着たことがないわけではないけれど、イナカの中学の垢抜けない制服で、さらに大きな名札を付けなければならず、着ることでイナカ者度がアップするというシロモノでした。

都会の女の子のそれとは、同じセーラーといっても月とスッポンのちがいでした。

だからでしょう。

今だに妙なアコガレがあります。

当時から、「 アレを着ると、きっとステキになれる」 みたいな気がしたものです。

この句も読まれています。

葉に残る 塩気を愛でる 桜餅 桜餅の、塩漬けの桜の葉が大好きです。 あれがないと、見かけも、味もそっけないものになってしまうでしょう。 その大事な葉を食べない人がいる。 信じられないことです。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
秋 高 し 隣 の ク ラ ス 参 観 す あきたかし となりのくらす さんかんす あたしが小学校のころの参観日のこと。 近所のおばちゃんが後ろに立っていた。 その子とは幼なじみで、よく遊んだけれど、学年が変わってのクラス替えで、ちがう組になった。 なんで、ここにいるんだろう。 おばちゃん、途中で気がついたようで、ハッとした顔して、...
思い出す ことの多かり いわし雲 sすっかり秋になった。空は高くなり、夕暮れに一面のいわし雲。あんまり楽しいことは思い出さない。ああ、あのときのあの人の態度は、もう嫌気がさしていた証だったんだとか。なんであのとき気がつかなかったんだろうとか。人の心の一瞬って、時間がたってから、ふっと気がつくことが多いような気がする。...
紅 の 花 半 夏 生 な ら ひ と つ 咲 き... べにのはな はんげしょうなら ひとつざき 江戸時代、口紅として重宝された、紅花。 色ははっきりとした黄色です。 不思議です。 何度も洗い、洗い流し、1日目は黄色、二日目になると紅色に変化し、餅のように丸めて天日で干すのだそうです。 それから長い道のりを運ばれ、京都に着くのです。 さらに職人によって...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください