自 転 車 に 夏 の セ ー ラ ー 風 は ら む

じてんしゃに なつのせーらー かぜはらむ

高校生が夏服を着ると、とたんに夏が来た! 気分になります。

わたしはセーラー服を着たことがないわけではないけれど、イナカの中学の垢抜けない制服で、さらに大きな名札を付けなければならず、着ることでイナカ者度がアップするというシロモノでした。

都会の女の子のそれとは、同じセーラーといっても月とスッポンのちがいでした。

だからでしょう。

今だに妙なアコガレがあります。

当時から、「 アレを着ると、きっとステキになれる」 みたいな気がしたものです。

この句も読まれています。

英 語 劇 白 雪 姫 の 立 ち 往 生 えいごげき しらゆきひめの たちおうじょう 「白雪姫」 森に連れて行かれ、猟師の温情で、殺されずに済んだものの、森をひとりさまようところ。 つまり独り言の部分。 ウッと詰まって、客席の方を向いて棒立ちに。 少しの時間で、気をきかせた7人の小人が、なだれ込むように舞台にもつれ出て、事なきを得た。 何...
かきつばた ドクダミの中に 凛として... ドクダミの繁殖の力はとても強い。 そん所そこらの雑草よりはるかに強いのです。 かきつばた、たくさんあったはずなのに、今年はひとつしか咲いてないのです。...
桜蕊(さくらしべ) 自転車の籠(かご) 目指し降る... 薄桃色の花びらに比べ、蕊は濃い紅色。桜が散ったあと、蕊が残った桜の木は、若葉がぐんと育ち、蕊の濃い紅色が合わさって、まるで別の木のよう。 この時期の桜が好きです。 花の時期より、短いかもしれません。 花蕊は、自転車のカゴにも、引き戸の玄関のレールの間にも残ります。 終わったと思うのです。 しつこいよ...
確 か ま だ ひ と つ あ っ た と 桜 餅... 桜餅 / sabamiso 昼間、みんなでいただいて、端数が出て、冷蔵庫にひとつ残していたはず。 こんな夜中に思い出すとは、なんて幸せ。 日頃の行いのたまものだろうか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください