自 転 車 に 夏 の セ ー ラ ー 風 は ら む

じてんしゃに なつのせーらー かぜはらむ

高校生が夏服を着ると、とたんに夏が来た! 気分になります。

わたしはセーラー服を着たことがないわけではないけれど、イナカの中学の垢抜けない制服で、さらに大きな名札を付けなければならず、着ることでイナカ者度がアップするというシロモノでした。

都会の女の子のそれとは、同じセーラーといっても月とスッポンのちがいでした。

だからでしょう。

今だに妙なアコガレがあります。

当時から、「 アレを着ると、きっとステキになれる」 みたいな気がしたものです。

この句も読まれています。

挿し木した 紫陽花に芽 春時雨 紫陽花を挿し木した。つくかどうかわからなかったけど、日当たりはよくないし、ヒイラギの根元で土は固いし。 長い春の雨が続いたからだろうか、今日見ると、黄緑色の芽が二つ三つ。これならもう大丈夫。春の雨はゆっくりゆっ くりとあらゆる物に、植物に降りそそぐ。慈雨である。薔薇が芽をふく。シャクヤクが芽を出す。...
有 明 の 引 き 潮 を 追 ふ 鰯 雲 ありあけの ひきしおをおう いわしぐも 一日に二回の干満を繰り返す有明海。 干潟。 その速さは驚くほどで、みるみるうちに海が無くなったり、水平線の向こうから、ひたひたと押し寄せる様は恐怖さえ覚えます。 空は秋のいわし雲。 見ていて飽きません。...
見定めよ せめてこの夏 羅針盤 時間を区切って、丁寧に歩いていこうと思う。先の先まで考えても、自分の予測どおりに進んだためしがないから。せめてこの夏、道を間違わずにいきたいものだ。...
花 殻 を 摘 め ば 幼 ( おさな ) は 花 を 摘 み... 咲き終わった花を摘むのは大事なこと。 丁寧に花殻を取ると、後の花の付きもよくなるし、寿命も延びる。 花殻を摘んでるとは思っていない幼子は、真似をしていちばん目立つ立派な花を摘み、褒めてもらいたいのだろう得意そうに満面の笑顔で、小さな手を広げて見せてくれる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください