自 転 車 に 夏 の セ ー ラ ー 風 は ら む

じてんしゃに なつのせーらー かぜはらむ

高校生が夏服を着ると、とたんに夏が来た! 気分になります。

わたしはセーラー服を着たことがないわけではないけれど、イナカの中学の垢抜けない制服で、さらに大きな名札を付けなければならず、着ることでイナカ者度がアップするというシロモノでした。

都会の女の子のそれとは、同じセーラーといっても月とスッポンのちがいでした。

だからでしょう。

今だに妙なアコガレがあります。

当時から、「 アレを着ると、きっとステキになれる」 みたいな気がしたものです。

この句も読まれています。

冬の川 石を転がし 砂を寄せ  昔広島から津和野に向かうバスの路線がありました。 なんという川でしょう。蛇行する川のその流れのとおりに 道がはしり、バスが行きます。 水が少ないせいか、石ころの多い川原でした。 結構長い道のりで、11月の今頃は日暮れが早く、刻一刻と暗くなる 風景はとても寂しくとても素敵でした。...
梅雨の間に 昔を見たり 時計草(とけいそう)... 時計草という花は、どこかおとぎ話からきたような雰囲気の、まあるい時計にそっくりな花です。 カチカチと音が聞こえてきそうです。 昔々の幼い日、遊んだ場所や、遊び友達のことなど浮かびます。...
春霞 鉄路の果ての 菜の黄色 線路はいい。遠くに菜の花畑。黄砂かかすみか、もやーっとして、もうというかようやく春が来た。
未 明 に は 雪 の 積 む 音 貨 車 の 音... みめいには ゆきのつむおと かしゃのおと 底冷えで目が覚めることがあります。 ふだんの寒さとはちがう、力の入った冷え方です。 そおっと外を覗き見れば、やはり雪です。 遠くを行く列車の音は、なかなか聞こえにくいものですが、途中に川があって、その上を通過するとき音がかわります。 そこだけは、よく聞こえ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください