脈 々 と 着 々 と あ り 冬 桜

みゃくみゃくと ちゃくちゃくとあり ふゆざくら

桜は一年のうち、どのくらいでしょう、日本中でもてはやされるのは。

葉桜となり、他の樹々と区別がつかなくなって、落葉し、枯れ木のようになってしまいます。

冷たい雨、吹雪を経て、一回り大きく成長するようです。

誰も応援しない。

誰からも見捨てられたかのようでいて、脈々と鍛え、枝の端々にまで血脈を送り続けるのでしょう。

春に備えて。

苦しいときは必ず来るけれど、春が必ず来るとは限らない。

人間とサクラの違いかもしれません。

この句も読まれています。

色 変 へ ぬ 松 の 泰 然 仰 ぎ み る Pine Tree / 松(まつ) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 変わりゆく紅葉はうつくしいが、一年中変わることのない松の落ち着きはどうだろう。こうありたいと思いつつ、少しのことで、おろおろくよくよし、年の功もない。焦らず騒がず、行きたいものだ。...
通販 わたしは通販が好きです。ではなくショッピングが苦手です。特に衣類、靴、バッグなどなどはほとんどすべて通販で求めます。あれこれ見て廻るのが苦痛なのです。すぐに疲れて、どうでもよくなります。頭の中に、災害用のブルーシートが、ザッと広がって、何も見たくない考えたくない状態になります。カタログで買うのは、...
柿 若 葉 住 め ば 都 と ふ っ 切 り て... かきわかば すめばみやこと ふっきりて 五月は新緑の季節。 樹々の若葉が野山や街をいろどります。 「萌黄(もえぎ)」という色は、鮮やかな黄緑ですが、樹々の若葉はけしてこの色に限ったものではありません。 木の種類によって、また成長の度合いによって若葉の色は変わります。 柿若葉。 まるでアブ...
夏 怒 涛 秀 吉 の 夢 名 護 屋 城 なつどとう ひでよしのゆめ なごやじょう 1592年から6年にわたって、秀吉は朝鮮出兵を行ったとのこと。 理由はいろいろ、さまざま語り伝えられているようです。 戦さが無くなって武士の働き口がなくなったからだとか、秀吉が年老いてから授かった子が亡くなったからだとか。 また、スペインが侵攻してい...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください