脈 々 と 着 々 と あ り 冬 桜

みゃくみゃくと ちゃくちゃくとあり ふゆざくら

桜は一年のうち、どのくらいでしょう、日本中でもてはやされるのは。

葉桜となり、他の樹々と区別がつかなくなって、落葉し、枯れ木のようになってしまいます。

冷たい雨、吹雪を経て、一回り大きく成長するようです。

誰も応援しない。

誰からも見捨てられたかのようでいて、脈々と鍛え、枝の端々にまで血脈を送り続けるのでしょう。

春に備えて。

苦しいときは必ず来るけれど、春が必ず来るとは限らない。

人間とサクラの違いかもしれません。

この句も読まれています。

冬日向 先ずひとときの 布団干し 冬の日は短い。 それでも、ほんのひととき布団を干す。たいして効果はないかもしれないけど、わずかに冬のお日さまの匂いがする。 iPhoneからの投稿...
映画 「 残 穢 ( ざんえ ) ー住んではいけない部屋ー 」... 観てきました。 大好きなホラー映画。 実話である。 現在の北九州市に、小さいながらも炭鉱を経営する奥山という家があった。 戦前のこと。 当時、炭鉱は何処も劣悪な労働環境で、事故は頻発し、補償すらまともになされなかった。 奥山家経営の炭鉱も例外ではなく、それどころか大きな炭じん爆発を起こし、100人を...
秋 茜 碑 文 の 文 字 の 小 さ さ よ あきあかね ひぶんのもじの ちいささよ 有名なものも、人知れず置かれたものも、古来より大きな石に彫られた碑文に出会うことは多いです。 伝えたいことがたくさんあるのはわかるのですが、時が経てば深く彫られた文字も浅くなり、小さな文字は、いちだんと小さく読みにくくなる気がします。 古い書物を読む能力...
畑を焼き 畦をなめ 空巻き上がり 野焼きの季節が来た。 あまりの火の勢いに、おののくのは毎年のこと。巻き上がる炎は時に激しく、空気を巻き上げるように思われ、もう手を つけられない。あとに残る藁の焼けたにおいが、なつかしい。いつまでも残り、通り過ぎる車の中まで入ってくる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください