脈 々 と 着 々 と あ り 冬 桜

みゃくみゃくと ちゃくちゃくとあり ふゆざくら

桜は一年のうち、どのくらいでしょう、日本中でもてはやされるのは。

葉桜となり、他の樹々と区別がつかなくなって、落葉し、枯れ木のようになってしまいます。

冷たい雨、吹雪を経て、一回り大きく成長するようです。

誰も応援しない。

誰からも見捨てられたかのようでいて、脈々と鍛え、枝の端々にまで血脈を送り続けるのでしょう。

春に備えて。

苦しいときは必ず来るけれど、春が必ず来るとは限らない。

人間とサクラの違いかもしれません。

この句も読まれています。

花 の 下 災 害 食 の 缶 を 開 く はなのした さいがいしょくの かんをあく いつ地震が起こるかもしれないと、テレビがあおるものだから、 アレコレと買ったりしたけれど、食べ物飲み水には賞味期限があり、 捨てるのはもったいなくて、花見を言い訳に開けました。 ただのリッツと、缶詰めのパン。 また買うかな。 また賞味期限・・・。...
残 留 孤 児 凍 て た る 大 河 地 平 の 陽... 牡丹江 (ぼたんこう) 中国と北朝鮮、ロシアの国境近くを流れる大河。 寒さが厳しいため、厳冬期には凍ると聞きます。 地平線の見える満州では、赤い夕陽は、転がると言われます。 中国残留日本人孤児には、この牡丹江周辺に置き去りにされたという人は多く、苛烈な人生を送り、すでに中年といわれる年齢を過...
冬 木 立 透 け て く る り と 月 の 道... 大きな樹が思う存分葉を茂らせていた夏が終わり、紅葉も過ぎて、もうすっかり枯れ木になってしまった。 樹々は葉を落としたけれど、先の先の細いところまで、しっかりと丁寧に枝である。 眠れない夜、その枝々の向こうに明るい月があった。 しばらくたってまた見ると、月は大きく動いていて、でもまだ大枯れ木の枝の向こ...
櫛 田 社 や 祭 の 後 の 湯 気 残 り 博多祇園山笠 / Pon Pon Tin(hohiyan) 山笠、クライマックス追い山は今朝。 徹夜のあとの、熱いまんまの頭をも て余し、電柱と塀に足をかけて観た。 今年じゃない。 担ぐのも大変ながら、交替要員も汗だ く。次から次だから、観る方はおもし ろい。 年に一回。 さあ、夏が来る。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください