胡 桃 割 る 力 加 減 に 力 込 め

胡桃を割るのには、おおむかしはペンチを使っていたけれど、今はもうくるみ割り器で割る。
でも、力加減が必要なのは同じだから、とても気を使う。
弱すぎれば、もちろん割れないし、ばか力を発揮すれば、粉々になって、胡桃と殻が混ざってしまうし、後始末もたいへん。
ということで、肩に力が入り、眉間にしわを寄せて、恐る恐る力を込めることになる。
その間はそれしか考えられない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください