耳 納 山 系 湧 き 水 越 し に 色 づ き て

みのうさんけい わきみずごしに いろづきて

耳納山系、福岡県筑後地方に位置する山地です。

高い山があるわけではなく、なだらかな山々が連なっている感じです。

遠くに山系を望む地域では、水が豊富で、あちこちに湧き水が湧き出ており、町が、汲みやすい施設を作ったところもあります。

まるで蛇口から流れ出るように水が出ているのですが、締めるようにはできていません。

つまり24時間出っ放しです。

8本もあって、無料で汲み放題です。

水を買う身には、うらやましい限りです。

この句も読まれています。

曼 珠 沙 華 白 は 浄 土 へ な お 近 く... まんじゅしゃげ しろはじょうどに なおちかく 田の畦に並ぶ赤い曼珠沙華は、小さな花火の行列のようで美しいものです。 白はさみしい。 もともとヒガンバナと呼ばれ、秋の彼岸のころ咲くからか、あの世に通じる花のように言われます。 白はたいてい赤より少し大輪で、多くて4、5輪静かです。...
かきあわせ かきあわせして 秋日傘 日差しがきつい。気温は低い。風も秋の風。カーディガンの襟をひっぱり合わせながらも、日傘は欠かせない。シミになるから。そこは気にする。...
行く春を 見上げ見下ろし 建設の エレベーターの 夜も更けて... マンションの建設現場に建設資材を上げるための、エレベーターが上がったり下りたりします。 そのたびに決まった音楽が流れます。たぶん事故のないよう、動いているよのサインなのでしょう。 まだ桜が蕾もつけないうちから、いまでは散ってしまって、葉桜になって、それでも音楽は止みません。 朝は七時前から、夜は九時...
春 陰 や 利 休 鼠 の 空 が 落 つ しゅんいんや りきゅうねずみの そらがおつ 桜が咲きているときの曇りは「はなぐもり」といいますが、春陰は、サクラが咲いてないときでもいいます。 春の憂鬱を託すのに、大正期になってから好んで使われ始めたそうです。 「りきゅうねずみ」は、千利休つまり茶道由来の、茶葉のように緑がかったネズミ色です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください