羽化に似て 蔦(つた)の若芽は 濡れて出る

蔦がようやく芽を出し始めた。
若い葉は、まるで蝶が、さなぎから生まれたばかりのように、
濡れたような、艶のある面持ち。
これから、大きく、強くなって、夏には、城を覆うイラクサの
ごとく、たくましくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください