縁あって 遭うたに 時雨るる 日に別る

人は縁あって出会うと聞く。それなのにほんの短いご縁でありました。
なにが悪かったのか。努力が足りなかったのか。もう考えるのはやめよう。

この句も読まれています。

孤 雁 行 く 海 目 指 し ゆ く 消 ゆ る ま で... こがんゆく うみめざしゆく きゆるまで ガンは渡り鳥です。 2〜3月にシベリアから渡って来、9月の終わりごろ帰って行きます。 V 字形に編隊を組み、エネルギーの消費を抑えながら、時々交代しながら飛ぶそうです。 当然先頭は力のある雁が担当します。 広い海原を渡るため、おのおのが木の枝を咥えて...
黄落(こうらく)の 天も地までも 独り占め... 銀杏並木が色付いて、はらはらと落ちる。 数枚の葉は、アスファルトの道路をからからと転げる。 黄落の絨毯を、空を見ながら歩く。 見渡すとひとり。 この贅沢はどうだろう。 クリスマスよりずっと素敵です。...
春隣 若いヘルパー 長睫(ながまつげ)... 美しい若いムスメが年寄りの介護をするのは、 立派なことだけど、この仕事だけはある程度 人生経験が必要だと思う。携帯ショップの、 お姉さんのような長いまつげのアイメイク。 メイクが悪いとは年寄りの言うことながら 排泄の始末などできるのだろうか。続くまい。...
越 ゆ る に は 少 し 急 な り 去 年 今 年... タイトルなし / ITÔ Hirosi まあ、一年が過ぎようとしている。明日のことはわからないものだけれど、思えば苦労の多い一年だった。いろいろやっかいなことを抱えて、それでも一生懸命やってきた。ただ報われることが少なかった。エネルギーを消耗していること実感している。疲れている。どうでもいいことだけ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください