縁あって 遭うたに 時雨るる 日に別る

人は縁あって出会うと聞く。それなのにほんの短いご縁でありました。
なにが悪かったのか。努力が足りなかったのか。もう考えるのはやめよう。

この句も読まれています。

心 し て 言 ふ て き か せ よ 彼 岸 へ と... こころして いうてきかせよ ひがんへと かんたんに成仏できる人ばかりではないと思うのです。 納得のいかない死に方に悔しくやるせない、やり場のない思いの仏も多いはず。 自分に落ち度のない事故、誤診のせいで命を落とした人、虐待の果てに殺された子。 心やすらかに浄土へ導かれますように。 この世に...
冬 北 斗 真 夜 に 柄 杓 の 立 ち 上 が り... ふゆほくと まよにひしゃくの たちあがり 北斗七星は、大熊座にあるそうです。 柄杓型の七つ星。 一番よく光る北極星を見つける目印です。 冬に入る頃、まだ寒くない頃は、寝そべっていてよく見えないのですが、冬が本格的になり、寒さが沁みるにつれて、立ち上がって来る感じでしょうか。 柄杓の柄を下にして、く...
蝸 牛(かたつむり) 来 し 方 の 歩 み 歴 然 と... かたつむりは、あのべたっとした糊のようなものを出しながら歩くから、何処を通ったのかわかる。わたしもまっしぐらに進んでいるつもりが、たぶん同じところを行ったり来たりしているのだろう。良かれと思って決めたことは、たいてい裏目に出る。なんでかな。...
古 家 の 坪 庭 抜 け り 青 嵐 ふるいえの つぼにわぬけり あおあらし 坪庭なんてもったいない、部屋か廊下か納戸にでもしたらいいのにと思っていたけれど、先日「古家付き」という不動産広告につられて見に行きました。 もともと家を見るのは好きで、新聞のマンションの広告も、買いもしないのに、間取りを見ます。 四畳半くらいの庭は、思ったよ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください