縁あって 遭うたに 時雨るる 日に別る

人は縁あって出会うと聞く。それなのにほんの短いご縁でありました。
なにが悪かったのか。努力が足りなかったのか。もう考えるのはやめよう。

この句も読まれています。

働いて パーマかけたし 天の川 今日は七夕。 織姫と彦星が逢うらしい。 あたしだって、ちょっとは美しくなりたいものだ。 だんだん貧乏が身にしみてきた。...
障 害 は 個 性 と 言 ふ て 懐 手 しょうがいは こせいというて ふところで ふところ手。 和服を着たとき、手を袖の中に入れたまま外に出さないこと。 なんでも人任せで、自分で何もしないこと。(広辞苑) 何事もカンタンに断じないこと。 よく知りもしないくせに、アレコレ言わないこと。 障害のある子を育てたこともない。 身近に...
奈良漬けを 肴に今年の 酒を酌む 酒蔵開き、試飲するのだけれど、一杯の今年酒に、秋の陽射しで もおかんがついたかんじ。売ってるのは、奈良漬け、酒まんじゅう、 五目飯、酒粕などなど。 秋の一日。...
思 案 し て 試 し 試 し の 糸 と ん ぼ... イトトンボ 糸蜻蛉 Zygoptera. #Damselfly #macro #olloclip / norio_nomura 少し行っては立ち止まり、考え考え 飛ぶ秋の風物詩。もう少しで夏が終 わること実感する。今年は盆を過ぎ て、毎日雨が降る。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください