縁あって 遭うたに 時雨るる 日に別る

人は縁あって出会うと聞く。それなのにほんの短いご縁でありました。
なにが悪かったのか。努力が足りなかったのか。もう考えるのはやめよう。

この句も読まれています。

煤 逃 げ の 詫 び は 虎 屋 に 収 ま れ り... すすにげの わびはとらやに おさまれり 家族分担の年末大掃除を、すり抜けていつも行方不明になって、ひんしゅくをかっていた親父が、同じ企みの同志にクルマで送ってもらい帰還したときのこと。 手には、何処で手に入れたか、虎屋の羊羹。 女ばかりの我が家は、嬌声をあげ、父が煤逃げしたことはすっかり忘れ、羊羹...
九 州 場 所 こ れ よ り 冬 帝 統 治 な る... きゅうしゅうばしょ これより とうていとうちなる いよいよ九州場所。 11月の風物詩。 そぞろ寒い状態が、はっきり季節を変えた感じでしょうか。 大好きな11月が行くと、世間は一気にクリスマスそして年末に向けて走り出します。...
電 飾 に 泣 ひ て 並 木 の 十 二 月 クリスマスの準備は早い。 年々早くなっているような気がする。 10月はじめにハウステンボスに行ったとき、もうハリガネでがんじがらめの数本の木があった。 LEDになって、熱を持たないだけ樹々も楽にはなったろうけれど、わたしはどうしてもあのイルミネーションやライトアップというものが好きになれない。 毎年...
青 葉 風 大 樹 半 身(はんみ)を 揺 る が せ り... 青葉の風が一面を吹き渡る。大地に大きな揺らぎをもたらして。小さな樹や草は、全身を持って行かれそうになる。大樹はそうそう驚きはしないが、半身は風に任せて、木の葉はざわざわと音をたてる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください