綿 虫 を 両 手 で わ ん わ ん 払 い た る

わたむしを りょうてでわんわん はらいたる

わたむし。

冬のはじめの頃、空中を飛ぶというか漂うというか、小さな綿のような虫を見ることがあります。

飛ぶ姿が、空中を漂う雪のように見えることから、雪蛍なんて、身に余る名前を頂戴してもいるらしいです。

わたしは、口に入らないように、鼻から吸い込まないように、必死で払います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください