終 戦 日 戦 死 の 兄 が 母 を 看 る

しゅうせんび せんしのあにが ははをみる

都道府県には援護課という部署があります。

戦死した兵隊の遺族に、その人が亡くなるまで、恩給というのでしょうか、決まった額のお金を支払うことを仕事にしているところです。

子どもがお国のために死に、当初は名誉の戦死などと持ち上げられ、忘れられ、哀しみを引きずりながら生きてきた親の生活の面倒を見るということが、人知れず続いてきたのでしょう。

「アニキのおかげで助かった」とほかの兄弟が言う。

終戦記念日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください