糸瓜棚 子規の景色に あったとか

正岡子規は、脊椎カリエスで、晩年は部屋から出ることがかなわなかったとありました。
床のある部屋の前には、糸瓜の棚が作られていて、それをご覧になったとか。
人はいろいろ頑張ったり、努力したり、悪あがきしたりするけれど、どうにもならないことの
多いこと。
悔しかったり、むなしかったり、先が見えないほどの荷物を抱えたまま、人生は終わるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください