籾 摺 り て く す ぶ り 焼 く る 昨 日 今 日

もみすりて くすぶりやくる きのうきょう

秋の夕暮れは早い。

何処からともなく漂ってくる籾殻を焼く匂いや煙の匂い、ちょっと目にしみることも含めて、これが幼い頃からのわたしの秋と言えるかと思います。

もみがらは、めらめらと燃え上がるものではなく、小さな火を持ち抱えたまま、くすぶるように時間をかけて燃えていきます。

幼いときに母を無くし、大切にしてくれた人々も、原風景と言われるものも、思い出もすべてが一気に無くなってしまった、その喪失感を誰に話すこともなく、胸にしまってきました。

柿よりも巨峰よりも紅葉よりも、こっちの方が優先します。

誕生日も十一月なせいか、大好きな季節です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください