箒木は 龍宮城の花となる

箒木は、夏には緑のかわいらしい木です。
秋になると、ふんわり色がついて、あかあくなるのです。
龍宮城には、こんな木がたくさん、ゆらゆら揺れて、鯛やひらめが泳いでいると思うのです。

この句も読まれています。

冬 日 和 稜 線 緩 ぶ 雲 白 し ふゆびより りょうせんゆるぶ くもしろし 昨日までの寒さがゆるみ、今日は朝から晴れています。 帰省の人々も少しは楽でしょう。 冠雪が見られた山も、どこか緊張がとけて、冬の雲が二つ三つ。 良い年の始まりかもしれない。...
古書店に 廃墟の隧道(ずいどう) 春の雨... 古本屋で、もう使われてない、でも今も存在している、昔の道や、トンネルの写真集を、見つけて 迷わず買いました。 由緒ある道や、煉瓦造りのトンネル、幅が狭く現在は使えないのでしょうが、しっかりした印象です。 説明にも、強固と、書いてあります。 それに、わたしは、隧道という言葉が大好きです。 トンネルでは...
降り止まぬ 鉄仙(てっせん)の雨 紫の雨... 鉄仙という花がある。ちょうど今頃咲く。白や紫、それも薄かったり濃かったり、もともとは中国からきた花であろうか。大輪なのに、どこかひっそりとしていて、そのたたずまいには気品がある。梅雨の雨は、万緑に降りそそぐが、鉄仙には雨が似合う気がする。しょぼしょぼと降りしきる雨も、叩きつける雨も好きである。これで...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください