筑 後 川 挟 み て 御 霊 ( みたま ) へ 大 花 火

わたしが思うに、大昔からあったと言われる大花火・花火大会は、亡くなった人びとが、安らかに極楽浄土に行けるようにとの思いから始まったのではなかろうか。
この世になんの想いも残すことなく亡くなる人は少なかろう。
片付かない心配事を、山のように抱えて、あの世に行くしかなかった大勢の人が、この世の辛いことから、どうか解き放たれますように。
お疲れさまの、大花火であろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください