竹 の 秋 一 脈 の 風 逃 す ま じ

たけのあき いちみゃくのかぜ のがすまじ

春は竹にとっては秋にあたるといいます。
筍がアタマを出す頃、激しく葉が落ちるのです。
孟宗竹の林は昼間も影が多く、下では吹いてない風を捉えます。
竹の擦れ合う音は涼しげで、下で憩う者を和ませます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください