竃 に も 枕 元 に も 団 扇 な り

かまどにも まくらもとにも うちわなり

渋うちわは張る紙に油が塗ってあるのか、さらに骨組みが強いのか、とにかく持ちが良く、労力を無駄にしない風が来ます。

そしてむかしは、もう先のない病人は家で看たものです。

なんの器械も無くて、ただお粥やお茶を飲ませていたような記憶があります。

誰かが枕元で、静かにウチワで風を送っていたような。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください