種 馬 に 時 間 割 あ り 夏 の 山

たねうまに じかんわりあり なつのやま

種馬になりたいと言った愚かなオトコを知っています。

まずは実績。

優秀であることが第一条件です。

「すでにこの時点で失格です。」言ってやればよかった。

しかしながら、ようやく引退して、余生はゆったり過ごそうと思ったのも束の間、時間割に基づく苛酷な、もしかしたら現役時代より辛い日々が待っているのです。

種付けは一日三回、一回終わるごとに、わずかな休息が与えられ、その間は放牧されるとのことです。

メス馬の中には、気が乗らなくて、激しく蹴るモノもいるとか。

蹴られたくらいで引き下がることなど許されないのです。

仕事ですから。

性欲の強い弱いに個体差は当然あるわけで、弱いタイプにとって、この仕事はむごいと言っても過言ではありません。

着床がうまくいかないという理由で、何回もやり直しにやってくるメスもいるとか。

気の毒でたまりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください