秋 立 ち ぬ 誰 も 恨 む な 信 ず る な

あきたちぬ だれもうらむな しんじるな

これはパクリです。

作詞タケダテツヤ。「道玄坂からひとくだり」

深夜放送で、まだぜんぜんローカルだったころの歌です。

今では大活躍で、すっかり有名人になったはいいけれど、

同窓会は独壇場と化し、いつも自分の自慢話ばかりすると不評を買い、雑餉隈の三筑中学校の同級生からは、「声かけるの、やめようか」との声まで出る始末とか。

誰も恨むな。

人は、うまくいかないとき、人生の少しの不運を大げさに嘆き、人のせいにしがちです。

とくにわたしは、その傾向が強いです。

そして、持って生まれた性格か、生育環境か、人間関係をまるまる信じることができません。

こんな流動的なもの、世の中に他にないと思っています。

「信じて、裏切られた方がいい」なんてウソです。

信じた人間がバカなのです。

人と付き合うには、きっちり向き会うより、小さな雲のようにふわふわ浮きながら、半分は景色を見ながら付き合った方がいいと思っています。

まちがっているでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください