秋 の 蝶 羽 た た み つ つ ひ と つ ず つ

あきのちょう はねたたみつつ ひとつづつ

まだ何かやり残したことがあるのか。

後悔してる、例えば失言して、そのまま修復できないでいることがあるのか。

見るからに意欲に乏しい秋の蝶が、庭のわずかな花を、ひとつひとつ訪問しているようにも見えるのです。

高い空を勢いよく飛んでいたのに、寿命の終わりをさとったような飛び方です。

遣り残しなんて、後悔なんて、いつ死んでもたくさんあると思うのです。

わたしなんて、ユウレイになってでも、やりおおせないことがあると思うのだけれど、生きてる遺族にとっては、なんとかなるものなのだと、いろいろな人を見て思います。

「わたしがいないと」なんてことは、おそらくないのです。

なんとかなるのです。

もしかしたら、今より快適になる人もいるかもしれない。

そんなものだと覚悟しなければならないのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください