秋惜しむ 蔦のもみじの 落ちぬ間に

今の季節が一年で一番好きです。いじめに遭って、10年を超える歳月を勤めた職場を去ることにした今年でも、
この季節の空気は、しばし現実を忘れさせてくれます。壁に這う蔦がなんともいえない素敵な色に染まっていて
わくわくします。どうぞこのまま。

この句も読まれています。

野 焼 き 待 つ 下 が れ下 が れ と 追 わ れ し も... のやきまつ さがれさがれと おわれしも 阿蘇の野焼きは壮大です。 はじめは、どこに火が点いたやらさっぱりなのですが、しだいに舐めるように走り出します。 煙はまだ見えません。 相当な時間を経て、ぐわっと燃え上がり、それは圧巻です。 危険のないよう、消防の方々の準備、ご苦労を思いつつ、ちょっと...
待 ち 人 は 来 ず と 悟 れ り 春 う ら ら... まちびとは こずとさとれり はるうらら おみくじ、めったにないことだけど、大吉を引くと、「待人来たる」とあります。 どんな種類のまちびとか、人それぞれだけれど、こと恋愛に関しては、来ないと言い切っていいと思います。 一度離れたオトコのこころ、二度と戻るはずもないのです。 余計なことをして、さ...
深読みし 薄氷(うすらい)の張り 胸の内... 人の、ちょっとした仕草や、表情に困惑することがある。 「えっ、なんで。どうかした?」「なんか、気に障った?」 考えすぎなのかな。 でも、こういう感は当たるよね。 しばらく用心して、喋らないようにしたほうがいいのかな。 疲れる。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください