秋惜しむ 蔦のもみじの 落ちぬ間に

今の季節が一年で一番好きです。いじめに遭って、10年を超える歳月を勤めた職場を去ることにした今年でも、
この季節の空気は、しばし現実を忘れさせてくれます。壁に這う蔦がなんともいえない素敵な色に染まっていて
わくわくします。どうぞこのまま。

この句も読まれています。

浦 上 の 眼 の 無 き マ リ ア 桜 降 る... うらかみの めのなきまりあ さくらふる 原爆で傷ついたマリア像。 このサクラを届けたいとは、多くの信者の思いでしょう。 長崎には、「この子を残して」の作で知られる永井隆氏が、原爆症で亡くなる前に、本の印税で、サクラの苗木を相当数購入され、人々の手によって植えられ、今はもう代替わりして、それで...
京 訛 り な れ ば 金 魚 屋 一 尾 足 し... きょうなまり なればきんぎょや いちびたし 京都の言葉のやさしさ、九州の人間の耳には、ことのほか魅力的。 金魚屋め。 若い美人に弱い。 高級なデメキンを。...
特急の 過ぎる風除け 芒原 わたしの駅には、各駅停車しか停まらない。駅のホームで、特急をやり過ごしたあと、数秒後いやな風が来る。風を避けて、駅舎のかげで、裏の空き地を見ている。一面のすすきとセイタカアワダチソウ、ぜんぜんきれいじゃない。荒れ地。...
呟 き も 愚 痴 も 聞 か れ し 水 引 草... つぶやきも ぐちもきかれし みずひきそう 水引草。 タデ科。 秋の初めころ、緑色の葉からすーっと伸びた花穂に紅いつぶつぶの小さい実のような小花が咲きます。 並ぶように咲く、背の低い草です。 見かけのたおやかさとは裏腹に、石垣の間などでも平気で蔓延るしぶとさを持ちます。 愚痴のひとつひとつ、溜息のひ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください