秋惜しむ 蔦のもみじの 落ちぬ間に

今の季節が一年で一番好きです。いじめに遭って、10年を超える歳月を勤めた職場を去ることにした今年でも、
この季節の空気は、しばし現実を忘れさせてくれます。壁に這う蔦がなんともいえない素敵な色に染まっていて
わくわくします。どうぞこのまま。

この句も読まれています。

雨が降る ダムの門開く サイレンの音... 激しい雨がつづきます。 集中豪雨というのでしょう。 上流のダムがいっぱいになりそうになると、 放流を知らせるサイレンがなるのです。 昼でも暗い雨の中、村中に鳴りひびくのです。...
浦 上 の 眼 の 無 き マ リ ア 桜 降 る... うらかみの めのなきまりあ さくらふる 原爆で傷ついたマリア像。 このサクラを届けたいとは、多くの信者の思いでしょう。 長崎には、「この子を残して」の作で知られる永井隆氏が、原爆症で亡くなる前に、本の印税で、サクラの苗木を相当数購入され、人々の手によって植えられ、今はもう代替わりして、それで...
石 炭 の 積 み 出 し 港 に 霞 立 つ せきたんの つみだしこうに かすみたつ むかし石炭産業活発なころには、その積み出しで賑わった港。 石炭色に染まった黒い海。 たくさんの人々が仕事に集い、この好況が永遠に続くことを疑うことなど誰一人なかった。 長い年月が経ち、当時の面影こそないものの、それなりに成熟した街になってきたようすです...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください