秋惜しむ 蔦のもみじの 落ちぬ間に

今の季節が一年で一番好きです。いじめに遭って、10年を超える歳月を勤めた職場を去ることにした今年でも、
この季節の空気は、しばし現実を忘れさせてくれます。壁に這う蔦がなんともいえない素敵な色に染まっていて
わくわくします。どうぞこのまま。

この句も読まれています。

向日葵の 見守る 炎天外仕事 とにかく暑い。しごとなら、熱中症がなどと言ってもいられない。 生きるために、其処此処で頑張るしかない。...
柊 の 新 芽 五 月 の 陽 に 生 ま れ ひいらぎの しんめごがつの ひにうまれ 新芽は淡い緑色。 黄緑を濃くしたくらいの色で、ひいらぎの上にまわりに芽を出し、育っているところ。 あのトゲトゲの葉はそのまま。...
いが栗の 青きを活けて 彼岸中 栗のまだ青い枝を花瓶に入れただけだけど、十分に秋。
降り止まぬ 鉄仙(てっせん)の雨 紫の雨... 鉄仙という花がある。ちょうど今頃咲く。白や紫、それも薄かったり濃かったり、もともとは中国からきた花であろうか。大輪なのに、どこかひっそりとしていて、そのたたずまいには気品がある。梅雨の雨は、万緑に降りそそぐが、鉄仙には雨が似合う気がする。しょぼしょぼと降りしきる雨も、叩きつける雨も好きである。これで...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください