秋の雨 家ひそかなり 掃除する

秋の冷たい雨が朝から降っている。時々激しい。静かな家をしこしこ掃除する。好きで集めた小さな人形たち、タイプライター、ラジオ、ビクターの犬=ひとつひとつ持ち上げて拭く。ついでに柱時計のねじを巻く。ふたつのねじを、中に向けて巻かなければならない。窓の外の雨を見ながら、ときどき休憩をはさみながら、結構しっかり掃除する。トイレと風呂と洗面台は、重曹や酢や石鹸など、そのときの気分や思い付きで適当に選ぶ。トイレはサンポールを使っていたこともあったが、がんばってきれいにしても、公衆トイレの臭いになるのでやめた。押入れや、流しの下もきれいにしたいけど、相当な気力がいるので、通常はやらない。やりかけて、気力が尽きて、泥棒が入ったようになったのは、二度や三度ではない。休みの日、朝起きて、気分が乗ったら、掃除。乗らなかったらジム。どっちも出来ないことが多い。

この句も読まれています。

首 の 無 き 羅 漢 の 首 に 秋 気 澄 む... くびのなき らかんのくびに しゅうきすむ 長い歴史のうちには廃仏棄釈の時代もあったと聞くけれど、それなら羅漢すべての首を跳ねればいいものを、幾つかだけが危害を受けているのはどうしてでしょう。 素朴ながら、田舎の寺の一角の竹林の中に佇む羅漢は、首は無いものの、指の先まで丁寧な造りです。...
口に手を こそこそ言うなり 野北の人は... 糸島半島の、芥屋の大門の向かい側に、野北浜というところがあります。 もう昔のことです。
灯油入れ 初ストーブの 湯気の音 今年初めてストーブを出した。 ホウロウの鍋に水をいれておくと、すぐ沸騰して湯気が立つ。外は秋の雨。もみじは一段と色を増し、たぶんもう最後のホトトギスが咲いている。 iPhoneからの投稿...
あ っ ち こ ち よ き 顔 す れ ば 亀 の 鳴 く... 何処の世界にも、「気の合う仲間」といえば聞こえがいいけれど、度を越して派閥に近いものができたりする。 どうでもいいつまり、どちらにも嫌われたくないなら、じょうずに泳ぐしかない。 肝心な話には入らず、または聞いてないふり。 どうでもいいとこだけ、にこにこというか、へらへら参加。 この歳になって、わたし...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください