秋の燈に 雁の寺読む 繰り返し

秋になると、水上勉作の「雁の寺」を読むのです。
ただでさえ物悲しい秋の宵がどうしようもないほど、沈んでくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください