秋 怒 涛 天 草 誇 る 人 の 逝 く

あきどとう あまくさほこる ひとのいく

クリスチャンの葬儀では、焼香ではなく、供花献花。

「神に召される」ため、雰囲気は明るく、賛美歌を何曲か歌います。

挨拶状には、故人が、天草の隠れ切支丹を先祖に持つことを誇りにしていたとありました。

よく働いた人生だったと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください