石蕗の 黄(き)寒空に 色を投げ

紅葉もおおよそ散った今では、庭に咲く花は石蕗だけ。
季節にふさわしからぬ鮮やかな黄色。
丸い葉っぱから精いっぱい首を伸ばしたように咲く。
晴れと曇りの中間くらい、昨日と変わらぬ今日が暮れる。
iPhoneからの投稿

この句も読まれています。

桜鯛 慶事仏事も 出席す 最近は、昔のような精進料理は、見かけなくなった。 五十回忌ともなれば、生きのいい桜鯛がお膳にあがる始末。 もっとも弔われる人の顔も知りませんから。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
ネ ル 解 く( ほどく ) 小 さ な 埃 ( ほこり ) 風 信 子 ( ヒヤシンス )... ひと昔前まで、「ネル」という布地はしごく一般的で、大人も子どもも冬のパジャマ (当時は寝巻きと言っていた) には必ずと言っていいほど、この布が使われていました。 少し厚みがあって、肌馴染みがよく、着ればそれだけで暖かい気がしたものです。 何故か今では珍しい物になってしまって、洋裁のクラスでは、「ネル...
ほととぎす 偲んで密かな 華が咲く... 人を好きになったときの気持ちは、ホトトギスの立ち姿に似ている。 どうしようもなく気持ちが強くなるけど、口には出せず、ただぎこちなくなる。 でもときにはそういう気持ちが伝わるというか、したたかに伝えてるのか。 水滴が滴り落ちて、瓶に溜まるように、静かに進む感覚。...
もろもろの 不安の雲の 湧き上がり... まるで入道雲を早送りで撮影したみたい。 あれもこれも考え出したらきりがない、止まらない、眠れない。 よかったらクリックください。励みになります。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください