石蕗の 黄(き)寒空に 色を投げ

紅葉もおおよそ散った今では、庭に咲く花は石蕗だけ。
季節にふさわしからぬ鮮やかな黄色。
丸い葉っぱから精いっぱい首を伸ばしたように咲く。
晴れと曇りの中間くらい、昨日と変わらぬ今日が暮れる。
iPhoneからの投稿

この句も読まれています。

海 苔 炙 る 磯 の 香 ふ っ と 海 の 風... のりあぶる いそのかふっと うみのかぜ 海苔をあぶると、ほんのり磯の香りがします。 さっさっと表そして裏も一瞬あぶります。 梅干しのタネを取り除き、炊きたてのご飯の真ん中に押し込み、海苔で包みます。 薄く塩味にします。 それだけです。...
橋脚に 凭れて(もたれて)土筆(つくし)の 袴(はかま)取り... 那珂川の堤防の端にすわって、春の 空気を吸ってみる。足下の土筆を手 すさびに取って、はかまを取ったり なずなの葉を少しずつ下にずらして 鈴のように振ったりした。逃げも隠 れもしない春が来た。...
偶 然 と 見 せ た る は 蛍 か 神 か ぐうぜんと みせたるは ほたるかかみか 世の中は偶然で成り立っているように見えて、実は巧妙な必然の組み合わせだと、読んだことがあります。 すべては、神か仏かはわからないけれど、大いなるものの力の下だと。 そうかもしれないと思うのは、歳のせいでしょうか。 どうにもならないことは、力を抜いて、流れに...
朧月夜に千鳥足 ただひとときの くちづけを... 春は春、朧月夜も長い日も、あえて春に酔いたいと思う。ふらふらと街にくりだし、また川沿いを歩き、一年に一回くら い紫色の夢を見てもいいと思う。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください