石蕗の 黄(き)寒空に 色を投げ

紅葉もおおよそ散った今では、庭に咲く花は石蕗だけ。
季節にふさわしからぬ鮮やかな黄色。
丸い葉っぱから精いっぱい首を伸ばしたように咲く。
晴れと曇りの中間くらい、昨日と変わらぬ今日が暮れる。
iPhoneからの投稿

この句も読まれています。

露草と 深呼吸して 日の始め やりがいの無い仕事をしている。朝、車を留めて、少し歩く。畑のあぜ道に放り出されたように、露草が群生している。 このごろはつゆがおりて、すがすがしい。あー、今日もつらい一日が始まる。でも露草と会うのはうれしい。...
家 解 き て 後 ( あと ) に 躑 躅 (つつじ ) と 石 臼 ( いしうす ) と... むかしはご近所、親類大勢で餅をついたのでしょうか。 門扉の一部だったであろう石垣や、つつじが残され、重すぎてどうしようもなかったのか、ころんと転がされた石臼。 いずれは片付けられ、マンションか駐車場にでもなるのでしょうか。...
く る く る と 粽 解 く れ ば 夏 來 た る... くるくると ちまきとくれば なつきたる 真っ白い餅、包んでいるのは、あれは笹の葉だとずっと思っていたけれど、そうでしょうか。 何枚か使ってきれいにくるみ、イグサで解けないようにしっかり括ります。 イグサがポイントだと思うのです。 蒸して、熱々のものをいただきます。 端午の節句の、特別のおやつです。...
四畳半 若葉の影の そこかしこ わたしは畳の部屋が好きで、お金があれば、家じゅう畳にしたいのです。 特に玄関が畳の家にはあこがれます。 広さはまあ、六畳くらいはあってほしい。 部屋に入る手前に、なんと呼ぶのでしょう、小さい畳の部屋があるのが、また素敵です。 今ごろの季節は、庭の若葉が、畳に映り、風で樹々が揺れると、畳も人の顔も影が...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください