石蕗の 黄(き)寒空に 色を投げ

紅葉もおおよそ散った今では、庭に咲く花は石蕗だけ。
季節にふさわしからぬ鮮やかな黄色。
丸い葉っぱから精いっぱい首を伸ばしたように咲く。
晴れと曇りの中間くらい、昨日と変わらぬ今日が暮れる。
iPhoneからの投稿

この句も読まれています。

梅 雨 湿 り 足 踏 み ミ シ ン の ベ ル ト に も... つゆしめり あしぶみみしんの べるとにも あしぶみのミシン、直線縫いなら、これで充分です。 友人が新しいミシンを買ったから捨てるのどうしようというので、貰い受けました。 丹念に油をささなければならないくらいで、特に面倒なことはありません。 この梅雨で、どうも調子がおかしいのは、ベルトが伸びてるのが...
冬 帽 の て っ ぺ ん ぴ ん と 立 て て や る... ふゆぼうの てっぺんぴんと たててやる むかしの冬帽は、てっぺんに必ず大きなぼんぼんが付いていたものです。 最近の流行りはそれがないから、ぺこっとへこみます。 気になるから、真ん中の絞ったところを、そっと引っ張り出してやります。 気づかれないように。 エレベーターの中で、後ろに立って。...
春 耕 の 手 を と め 潮 の 果 て を 見 る... 鋤を立てたまま、手を組んであごをのせて暫しの休憩か。 むかしの白黒映画を思い出す。 「裸の島」 新藤兼人監督 乙羽信子主演 瀬戸内の小さな島を舞台にした、台詞のない、当時としては前衛的な試みだったであろう作品。 こうして生きてゆくしかない、人生とはそんなものかもしれないと思わせる。 静かで、なんと...
ただ孤独 冬の空あり 波の立つ 冬の空、暗く低く,ときには冷たい風が吹きすさぶ。灰色の海には波がたつ。荒い波が繰り返し繰り返し押し寄せる。 ひとりだなあと思う。こんなところ来るんじゃなかったと思う。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください