短 冊 の こ よ り は 出 番 生 身 魂

たんざくの こよりはでばん いきみだま

イキミダマとは、お年寄りを、尊敬の念を持って言う、俳句ことばです。

今、保育園や幼稚園の七夕の短冊や飾りは、どうやって竹笹に結びつけているのでしょう。

お年寄りの通うデイケアやデイサービスでは、昔ながらの「こより」を皆さん、といっても女性の皆さんに作ってもらっています。

ヨレヨレしないで、ピンと立つのがじょうずとされ、うまく出来るようになれば、イイトコにおヨメに行けると、女学校の先生に言われて、励んだけれど、ちっとも良くなかったなどと、人生の総括、恨みつらみを混ぜながら、おしゃべりに花が咲きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください