盆 の 月 息 災 な り か 無 理 す な と

ぼんのつき そくさいなりか むりすなと

八月は、死者を想う弔いのときです。

原爆忌、終戦日、そしてお盆です。

旅たった身近な人たちが、このときくらいはわたしのことも心配してくれているような気がするのです。

この句も読まれています。

新 雪 に 踏 み 跡 つ け て ポ ス ト ま で... 真っ白に積もった雪があまりに見事で、足跡をつけたくなかったのだけれど、やむなく新聞を取りに郵便受けまで震えながら行った。 行くときに付けた足跡を辿って帰った。 一日、外出はそれだけだった。...
え つ 漁 の 舟 ゆ く ば か り 梅 雨 の 雲... えつりょうの ふねゆくばかりつゆのくも えつは、カタクチイワシ科の魚で、見た目は抜いた日本刀のように光り、少し反ったこれも刀のような形をしています。 小骨が多く、隠し包丁を細かく入れてもらうことで、おいしくいただけます。 有明海に近い筑後川が、日本で唯一の産卵場所らしく、エツといえば城島 (じ...
賀 状 来 し リ ハ ビ リ 未 だ 進 ま ざ る... がじょうこし りはびりいまだ すすまざる 思うようにリハビリが進まないと、嘆く年賀状が届きました。 入院中とのこと。 突然のことです。 去年まではそんなことはなかったのです。 七月に、階段から転落したと。 年賀状だけの付き合いが続いていたため、知りませんでした。 年賀状は、今の様子まで...
か に か く に 故 郷 の 夏 の 匂 ひ な り... かにかくに こきょうのかぜの においなり 何がちがうわけでもなかろうに。 たいした思い出があるわけでもないのに、やはり故郷の風はちがう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください