盆 の 月 息 災 な り か 無 理 す な と

ぼんのつき そくさいなりか むりすなと

八月は、死者を想う弔いのときです。

原爆忌、終戦日、そしてお盆です。

旅たった身近な人たちが、このときくらいはわたしのことも心配してくれているような気がするのです。

この句も読まれています。

遠い日の 大根の花 こむらさき ほんとにほんとに幼い日、私はままごとが好きだった。材料はいつも決まって、大根の花、春菊の花、大根独特のに おいが懐かしく、大根を切るたびに思い出す。ほかにもいろいろあっただろうが、思い出せない。私は母親を5歳で なくした、なくしたならまだいいのかもしれないが、5歳のある日から、虐待の毎日で、むかしの...
開け放ち 青葉の風を 誘い込み Horner-Hyde House / Jeffrey Beall 自然の風がいちばん。少しの風も逃さない。うちは古くて、テント小屋と言われている。沖縄の古い、開けっぴろげの家に似ているかもしれない。ひとつの部屋に出入り口ふたつ、窓四つ。雨が降り出すと、小さな家を走り回って、窓を閉めて回る。これ以上...
万 緑 の 雫 も た ら せ 棚 田 ま で ばんりょくの しずくもたらせ たなだまで ダムに水が少ないと聞けば、いちばんに心配になるのは、棚田の田植えと苗の成長でしょう。 大規模な機械が入らないから、すべて手植えで植えたものです。 雨が降って、充分に潤いますように。 これ以上仕事が増えませんように。 この夏の暑さはひとしおだと聞きますから。...
保 養 院 秋 日 影 成 す 鉄 格 子 ほよういん あきびかげなす てつごうし 杉田久女。 俳人。 鹿児島出身。 明治半ば〜昭和21年没 美術教師と結婚するも、家庭不和や恩師である高浜虚子に破門されるなど多難な人生であったらしい。 長く県立筑紫保養院(現在の太宰府病院 精神科)に、戦中戦後の栄養障害とそれに起因する腎臓病で入院...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください