盆 の 月 息 災 な り か 無 理 す な と

ぼんのつき そくさいなりか むりすなと

八月は、死者を想う弔いのときです。

原爆忌、終戦日、そしてお盆です。

旅たった身近な人たちが、このときくらいはわたしのことも心配してくれているような気がするのです。

この句も読まれています。

鳥 渡 る 海 へ 出 る と き 躊 躇 な し... とりわたる うみへでるとき ちゅうちょなし 渡り鳥の習性なのだから、どうということもないのだろうけれど。 思い切ってさあ、というふうでもなく、止まり木のない大海原へまっしぐら。 出ると決まれば、そうするのでしょう。 習性というものなのでしょうか。 あたしはどうかな。 こうすることしかできないときは...
御 旅 所 は 秋 の 海 辺 や 一 夜 旅 おたびしょは あきのうみべや いちやたび 筥崎宮では、二年に一度神輿にカミサマを乗せ、ぐるぐる町中を廻って一番鳥居の先の、むかしは海辺だったところに、お旅所を造り、一晩過ごして頂くそうです。 また次の日に、ぐるぐる町中を廻って、お帰りいただくのです。 もうずいぶん前から見る影もなく壊されて工業...
茨 の 芽 ご め ん ご め ん と 鋏 入 れ... いばらのめ ごめんごめんと はさみいれ 薔薇の剪定は2月と決まっています。 この時季に剪定しないと、春にきれいな花をつけることが出来ないと、NHKの「趣味の園芸」で言ってました。 2月も終わりですから、紅い新芽がいっせいに出たところです。 もう少し早く取り掛かればよかった。 この小さな芽吹...
雪 ひ ら と 室 見 の や な に 降 り て 消 ゆ... 春の風物詩と言われて、室見川のやなにかかった白魚は、瞬く間に客に供されるのだろうか。 古来からの漁法といわれるやなに、春の雪が降ってはすぐに消える。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください